日本会議支部が小池百合子に「在特会・桜井誠の副知事抜擢」を要請!?「パーフェクトヒューマンは反日ソング」発言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nihonkaigi_160712.jpg
日本会議公式ウェブサイトより


 日本最大の右派団体「日本会議」がメディアでブームだ。傘下の議連に安倍首相をはじめ、多くの政治家が所属している日本会議は、全国で組織的な署名活動を展開するなど、安倍政権による改憲の大きな推進力となっている。実際にその規模とネットワークは強力で、現在、約3万8千人の会員を有し、全国都道府県に220以上の本部と支部を設置している。

 そんななか、ある日本会議の支部のブログが、ヘイトスピーチと一体化しているということをご存知だろうか。

〈まさに今、
 東京の危機です!
 東京五輪の危機です!
 日本の危機です!
 ここ一番、神風よ吹け!
 小ブログでは、桜井誠氏を応援しています。〉

 これは、つい数日前(後述する)まで「日本会議千葉八千代支部のページ」を名乗っていたブログからの引用である。いうまでもなく、桜井誠氏というのは都知事選に立候補していたヘイト市民団体・在特会(在日特権を許さない市民の会)の元会長。在特会といえば在日コリアンのジェノサイドを扇動する極右団体だが、なんとこの日本会議の支部を称するブログは、その桜井氏をこれでもかと応援していたのだ。

 実際に、「【緊急拡散】さあ、桜井誠の出番だ!」と題した7月11日付の投稿では、桜井氏に選挙戦術まで指南。〈あくまでソフト路線を貫き、ハード路線はネット上のサポーターに任せること!〉〈桜井氏の著作「大嫌韓日記」をネットで一斉に購入して、知名度アップに貢献すること!〉などと書く。さらに、7月15日の投稿では、桜井氏に寄付までしたと明言している。

〈さて、昨日都知事選が告示され、池袋で第一声をあげる桜井誠氏の勇姿をネットで拝見しました。
 同日、小生も「大嫌韓日記」をアマゾンで購入するとともに、わずかですが桜井氏の資金管理団体に寄付をさせていただきました。
 自分に出来ることは、確実に実行していくだけです。〉

 しかし、現実に桜井氏が当選する可能性は0ということもあり、〈本当は、桜井誠氏に当選していただきたいのは山々ですが、背に腹は変えられ〉ないので、“戦略的に”小池百合子氏支持に切り替えたという。それでも小池百合子氏に対して〈あなたが都知事になったら、猪瀬直樹氏、櫻井よし子氏、桜井誠氏を副知事に迎えてはいかがでしょうか!?〉などと提案する諦めの悪さ。相当な桜井誠シンパの差別主義者だということがよく分かる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

日本会議支部が小池百合子に「在特会・桜井誠の副知事抜擢」を要請!?「パーフェクトヒューマンは反日ソング」発言ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨ宮島みつや日本会議の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも