小島慶子が専業主夫の夫に「あなたは仕事してないから」と口にした過去を懺悔!“男は仕事すべき”価値観の呪縛の強さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、小島氏が言うように、現在これと同じ体験ができる男は、育児休暇取得率すらわずか2.3%(2014年度雇用均等基本調査より)しかない現状ではほとんどいない。そして、そのような価値観の大転換を妨げているのが、「男は人生のプライオリティーに「仕事」を置くべき」という「こうあるべき」価値観の存在である。

 そうした価値観への呪縛からは、これまで紹介してきたような考えをもつ小島氏ですら逃れられるものではないらしい。小島氏は現在オーストラリアに移住し、日本と自宅を行き来する生活を送っている。番組制作会社勤務だった夫は専業主夫として一家の大黒柱となった小島氏を支えているのだが、そんな夫に対し、ふとした瞬間に彼が外で働いていないことを責めるような態度が出てきてしまうのだと言う。

「たとえばいままでは夫に腹を立てても、「まあ仕事はちゃんとやっているのだし」とか、「私の前だから油断してるだけよね」と、何となくその場を収めることができていたんです。それが彼が仕事を辞めたことで、そうやって感情を押し込む、押入れみたいな場所がなくなってしまったんです。だから夫に腹を立てば、本当に恐ろしいことですけれども、「結局、仕事なんかできなかったんでしょう」と言いたくなったりしました。(中略)
 夫に「仕事をしていないからわからないでしょう」とか、「働くって大変なのよ」とか、つい言ってしまうんです。もちろん夫は私より社会人経験が長いから、そんなわけないとわかっているのに言ってしまう。買い物に行くと、「じゃあ、これ買ってあげる」と言ってしまったりもしましたね。いままで、私が大嫌いだったオヤジの言動すべてが、自分の中から出てきたんです。すごくショックでした。夫に絶望するより、夫に対してそういう振る舞いをした自分の本音に大変衝撃を受け、失望する毎日でした」

 おそらく、こうした体験があるからだろう。小島氏は「男ならこうあるべき」という枠組みを崩すだけでなく、その先のことを考えようとしている。

「いま社会で、男の人にはまっている枠とか型を壊そうとしているわけですよね。壊して、彼らを自由にすると、男性ありきの枠組みから弾かれて不自由になっていた私たち女性も自由になれると、考えているわけです。ただ、その「あるべき男」圧力がなくなったとき、シロアリにようにわいてくる男たちの不安をどのようにして受け止めるのか、あるいはどのようにそれと共存するのかということまでは、まだ世の中としても語っていません。
 それは何なのだろうと考えると、一つには男性でも女性でも年収や肩書きではないところで評価する、という考え方なのではないかと思うのです。その考え方が広まると同時に、何らかの面で制度的にもそういう考え方がかたちになるということですよね。具体的にどんな制度がいいのかを、今まさに考えなきゃいけないんだと思います」

「男なら家族や自分のことよりも、まず仕事を最優先にすべき」「仕事をバリバリしている男以外は全員ダメ男」。この価値観が変わらない限り、男の苦しみは社会を蝕み続けるだろう。

 女性のワークライフバランスをめぐる議論は常々進められてはいても、男の生き方の多様性に関する議論は放置されたままである。この議論が進まないことには、女性の社会進出に関する問題も、保育園問題に関しても真の解決はないはずだ。
(井川健二)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

不自由な男たち その生きづらさは、どこから来るのか

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 共謀罪強行採決もまだ希望はある!
2 加計に利権独占させた安倍政権の手口
3 官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
4 国連報告者から安倍に共謀罪批判文書
5 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
6 安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
7 『ゴジラ対ヘドラ』坂野監督の死を悼む
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 共謀罪成立で横浜事件の恐怖が再び
10 室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
11 村上春樹が「歴史修正主義と闘う」宣言
12 江角もハマった恐怖のママカースト
13 室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
14 スノーデンが警鐘鳴らす日本の監視体制
15 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
16 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
17 佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
18 加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
19 秋篠宮家の料理番がブラック告発
20 加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
PR
PR
1報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
2『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
3松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
4共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
5加計学園「総理の意向」文書は本物!
6佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
7加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
8安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
9 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
10安倍の9条加憲は日本会議幹部の発案
11室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
12室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
15ガンダム“生みの親”が安倍首相批判!
16官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
17加計に利権独占させた安倍政権の手口
18水木しげるが50年前に書いた文章が発掘
19安倍の改憲で高等教育無償化はまやかし
20共謀罪強行採決もまだ希望はある!
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」