大ブームの『おそ松さん』を社会学的に分析! 「6つ子」を取り巻く同調圧力と閉鎖性が示唆するものとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
osomatu_160226_top.jpg
『おそ松さん 第一松』(エイベックス・ピクチャーズ)

【女という幻想をぶっ壊す!本音情報サイト-messy /メッシーより】

 こんにちは、さにはにです。今月も女性の生き方について考えるヒントを漫画やアニメなどのサブカルチャーから探していきたいと思います。よろしくお願いします。

 今回ご紹介するのは2015年10月よりテレビ東京系列等で放送が開始され、現在第2期が放送中の『おそ松さん』です。

 本作は、赤塚不二夫先生の大ヒット作品『おそ松くん』(小学館)をベースにしたアニメーション作品です。1962年「週刊少年サンデー」での連載開始された漫画『おそ松くん』は1960年代、1980年代にもアニメ化されているのですが、赤塚不二夫先生生誕80周年を記念して今回27年ぶりのリメイクが決定したとのこと。1期エンディング曲の「SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~」が発売初週で6万7千枚を売り上げてオリコン週間シングルランキングにてトップ3に入ったばかりでなく、ポスターなどの付録を付けたアニメ雑誌『PASH!』1月号(主婦と生活社)が発売後5日間で6万部を完売するなど、テレビドラマやCMなどで最近よく目にする名作リメイクとは一味違ったブームを巻き起こしている様子です。

 『おそ松さん』がヒットした背景として広く指摘されているのが、監督をはじめとした豪華な製作陣や人気声優の起用です。本作はアニメファンから高く支持されていて、twitterはもちろん、ニコニコ動画やpixivでの交流は放送開始直後から大変な盛り上がりをみせています。しかし、コアなアニメファン、声優ファンだけでなく一般の視聴者も取り込んでしまう魅力が『おそ松さん』には備えられているように私には思えます。

 続きはmessyで読む  

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 前川問題で大恥、読売の政権広報紙ぶり
2 官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
3 カンニング竹山、村本も共謀罪に反対
4 NEWS手越と金塊事件容疑者が…
5 文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
6 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
7 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 阿川佐和子結婚手記に不倫略奪婚は?
12 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
13 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
14 空中分解KAT-TUNの暴露本が出版
15 加計に利権独占させた安倍政権の手口
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
17 キャラ弁ブームの裏に潜む“母親圧力”
18 安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
19 秋篠宮家の料理番がブラック告発
20 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
PR
PR
1松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
2文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
3『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
4官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
5共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
6安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
7加計学園「総理の意向」文書は本物!
8佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
9加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
10文科省前次官の醜聞はやはり官邸の謀略
11 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
12官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
13室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
15加計に利権独占させた安倍政権の手口
16共謀罪強行採決もまだ希望はある!
17室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
18ガンダム“生みの親”が安倍首相批判!
19国連報告者から安倍に共謀罪批判文書
20水木しげるが50年前に書いた文章が発掘
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」