安倍晋三はセカイ系だった! あのマンガが見抜いていた、今、日本で起きている事態の本質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
deathnote_150707.jpg
『DEATH NOTE』(原作・大場つぐみ、作画・小畑健/集英社)

 マンガが予言する──『ジョジョ』3部に出てくるボインゴの話ではない。

 閉塞感、テロ、原発、そして戦争……こうした現代日本の背景となる軸を、実は10年も前からマンガは先取りしていた。

 あらゆる文化はつねに時代の空気をつかみとり、予感的に表現するものであるが、そのなかでもマンガは他ジャンルにくらべて、芸術的な縛りがゆるい分、題材や思想を自由に詰めこめる。

〈いまやマンガこそが「世界のすがた」を反映させるいちばん精度の高い鏡である〉
 
 そう主張するのが『マンガの論点』(中条省平/幻冬舎)だ。

 本書は2006年から9年間にわたって書き貯められてきたマンガ時評の連載をまとめたもの。バラバラに書かれた原稿ながら、通して読むと一貫した歴史意識が流れていることがわかる。博覧強記の知識を駆使しながら作品の魅力とともに現代社会の深層を探り当てる著者の手並みはアクロバティックでスリリングだ。

 たとえば『DEATH NOTE』(以下、デスノート)評が興味深い。

『デスノート』(原作・大場つぐみ、作画・小畑健/集英社)が大人気のうちに完結したのは06年。ちょうど第一期安倍政権が発足したのと同時期だ。

 ここで著者は、『デスノート』が一大ブームを巻き起こしたことと、「安倍的なもの」が支持を集めたことは背後でつながっているのだと主張する。

 当時の安倍がひっさげていた「美しい国」の主張はといえば、憲法改正、交戦権の獲得、愛国教育の強化と紋切り型右翼マル出し。さらには天皇制を無条件で賛美し、戦争犯罪の概念そのものを否定するなど恥も外聞もない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

マンガの論点 21世紀日本の深層を読む

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

安倍晋三はセカイ系だった! あのマンガが見抜いていた、今、日本で起きている事態の本質のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三松本 滋の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
2 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
3 レコ大責任者がバーニング周防社長を告発
4 安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
5 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
6 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
7 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
8 欅坂・平手が「今年はひどいことばかり」
9 たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
10 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
11 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
12 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
13 稲垣、草なぎ、香取と日本財団の関係
14 宇多田「東京は子育てしにくい」は事実
15 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
16 「不倫学」が教える防止策とは?
17 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
18 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
19 今年も紅白はジャニーズが私物化
20 武富士より恐い奨学金の実態
1国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
2加計学園で設置審委員が内情暴露!
3安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
4直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
5日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
6義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
7萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
8安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
9欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
10安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
11鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
12内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
13マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
14安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
17 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
18「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
19日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
20JASRACが坂本龍一を騙しうち!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」