元少年Aの手記出版には公益性がある!『絶歌』が明らかにした警察情報とマスコミ報道の嘘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
zekka_01_150610.jpg
『絶歌 神戸連続児童殺傷事件』(太田出版)

 神戸連続児童殺傷事件の加害者「元少年A」の手記『絶歌 神戸連続児童殺傷事件』(太田出版)が大きな批判を浴びている。問題になっているのはその内容や記述ではない。「出版自体が許せない」という大合唱が巻き起こっているのだ。

 ネットには「反吐が出そう」「即刻回収しろ」「不買運動をしよう」「本を出す前に死んでおわびしろ」といったヒステリックな声があふれ、ワイドショーやニュース番組でも、キャスターやコメンテーターたちが「どうしてこんな本を出版するのか」「被害者遺族の感情を無視している」「犯罪を助長するだけだ」と、一斉に眉をひそめてみせている。

 こうした圧力に押され、同書の販売を取りやめる判断をした書店チェーン店も出てきた。さらに、今日、太田出版が岡聡社長名義で長文の釈明文を出す事態となった。

 しかし『絶歌』はほんとうに世間が言うように「出版してはいけない手記」だったのか。

 そもそも、こうした猟奇事件を犯した人物が手記や小説を発表するのは、これがはじめてではない。古くは1960年代に未成年で連続ピストル射殺事件を起こし、死刑判決を受けた永山則夫の『無知の涙』、パリ人肉事件を起こした佐川一政の『霧の中』、連続幼女殺害事件の犯人、宮崎勤の往復書簡『夢のなか 連続幼女殺害事件被告の告白』――。最近も、英国人リンゼイさん殺害犯・市橋達也が逃亡中の様子を記した手記を出版した。

 しかし、その際もここまでの批判は巻き起こらなかった。『絶歌』が厳しい糾弾にあっているのは、おそらく、発売当日、被害者の土師淳くんの父親が「私たちの思いは完全に無視されました」と出版中止を求める声明を発表し、その後も、版元の太田出版に対して抗議文を送付するなど、一貫して出版そのものに抗議し続けていることが大きいだろう。

 たしかに、被害者遺族が不快に思うのは当然の感情だ。自分の子供の命を奪った男が、それを題材に作家気取りで本を出しているというのは、親としては耐えられないことだろう。

 しかし、筆者はそれでもなお、こうした本の出版の機会は奪われてはならないと考えている。

 ひとつめの理由は、民主主義社会において、出版の自由は被害者遺族の感情を超えて守られるべきだということ、そしてもうひとつ、より積極的な理由は、こうした犯罪者の手記に犯罪研究、再犯抑止という社会的な有益性があると考えるからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

悲しみの子どもたち 罪と病を背負って

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 百田尚樹「漢文授業を廃止せよ」
2 上西小百合議員が鋭すぎる共謀罪批判!
3 今村の後任、吉野は原子力村の代弁者
4 財務省の森友問題関係文書はやはり存在
5 マツコもキムタクタブーに踏み込めず!
6 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
7 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 籠池「昭恵夫人に適時報告していた」
10 小林よしのりが国会で共謀罪に反対
11 キムタク最大のタブーとは?
12 浅田真央引退会見のNGワード
13 オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
14 ノブコブ徳井が復讐目的で小説を発表!
15 恩田陸が新作小説でナショナリズム批判
16 今村更迭は、安倍首相に謝罪させたから
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 ブルマーが強制された意外な理由とは
19 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
20 籠池氏と財務省の面談音源が明らかに
PR
PR
1玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
2オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
3「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
4室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
5ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
6キノコや筍を採るだけで共謀罪
7上西小百合議員が鋭すぎる共謀罪批判!
8講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
9籠池氏と財務省の面談音源が明らかに
10森友国有地取引で財務省主導の証拠が
11今村更迭は、安倍首相に謝罪させたから
12安倍政権の独裁国家並み情報隠蔽やり口
13グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
14安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
15稲田が自衛隊と米空母の訓練を秘密に
16財務省の森友問題関係文書はやはり存在
17北朝鮮危機の最中に安倍はフィットネス
18辞任!今村復興相の差別的本質は最初から
19中川俊直不倫醜聞は自民党の体質に原因
20今村復興相がまた記者の質問を打ち切り
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」