「売れてる本」の取扱説明書①『日本の大和言葉を美しく話す』(高橋こうじ)

「乱れた日本語を取り戻す!」に潜む排他性 「大和言葉」本ブームを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yamatokotoba_01_150409.jpg
『日本の大和言葉を美しく話す こころが通じる和の表現』(東邦出版)

「最近の売れている本にはろくなものがない」と読みもせずに片付けるのではなく、ひとまずじっくり熟読してから物を言おうと心がけるこの新連載。第1回目は、関連書籍も多く刊行されている「大和言葉」本について考察していく。

 制作費を安く抑えたいクイズ番組では「正しい日本語はどれ?」という類いの問いが長年重宝されているが、書籍についても同様。「出版指標年報」の売り上げベスト10を見渡すだけでも、齋藤孝『声に出して読みたい日本語』(2002年)、北原保雄『問題な日本語』(2005年)、出口宗和『読めそうで読めない間違いやすい漢字』(2009年)と、定期的に日本語ネタが並んでいる。

 意地悪な言い方をすれば、正しい日本語というのはこうして常に問われている以上、常に改善していかないものである、とも言える。三浦しをん『舟を編む』やNHKドキュメンタリー『ケンボー先生と山田先生 辞書に人生を捧げた二人の男』等で話題になった辞書編集者の地道な世界が教えてくれたのは、彼らが、言葉をいかに伝承するかと同時に、新たな用例をいかにして採集し、どこまで辞書に取り込むか、日々葛藤を繰り返していたこと。彼らの言葉への執着は、決して「最近の日本語」を問題視することを起点にしているわけではなかった。むしろ、未来志向で言葉に接しているように見えた。

「『的を得る』は誤用で、『的を射る』が正しい日本語である」は、「正しい日本語」雑学のテッパンネタだが、2013年に出た『三省堂国語辞典 第七版』では「的を得る」が採録されているという(ブログ「BIFFの亜空間要塞」参照)。「的を得る」は以前の同辞典には採録されていたが、版を改める段階で編纂者が「誤用である」と掲載を取り下げたことで、「間違いやすい日本語」としてしばしば取り上げられるようになった。しかし、最新の版ではこの用法が戻った、というわけ。決して世間のはやり廃りに流されたわけではないだろうが、少なくとも日本語とは、こうして時代に即した流動性を持つものなのだ。

 中国から取り入れた漢語でも外来語でもなく、「太古の昔に私たちの先祖が創り出した日本固有の言葉」である大和言葉。この言葉の美しさを生活に取り込み直そうと教え諭す高橋こうじ『日本の大和言葉を美しく話す』が評判を呼んでいる。著者は「造形能力に富む漢語や一見おしゃれな外来語に押されて、長く愛され、用いられてきた美しい大和言葉があまり使われない」と嘆きつつ、大和言葉を「日本人自身が育んできた知的で優雅な余韻を残す言葉づかい」であり「『心に染みる』特性があります」と規定する。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「昔はよかった」と言うけれど: 戦前のマナー・モラルから考える

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「乱れた日本語を取り戻す!」に潜む排他性 「大和言葉」本ブームを考えるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。「売れてる本」の取扱説明書大和言葉武田砂鉄の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画