吉田豪が『殉愛』『殉愛の真実』読み比べ! マスコミの百田タブーに直面した体験も告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yoshidago_150327.jpg
『殉愛』と『殉愛の真実』吉田豪の見解は?(左/ニコニコ動画「豪さんのチャンネル」 右『殉愛』より)


 百田尚樹『殉愛』(幻冬舎)の出版から4ヶ月経つが、騒動はなかなかおさまりそうにない。3件の裁判が続行中なのはもちろん、さくら夫人サイドがさらにメディアを訴える動きもあるというし、同書の嘘を暴いた反証本『百田尚樹「殉愛」の真実』(宝島社)も売れ続けている。

 とくに、この間、ネットで囁かれてきた『殉愛』とさくら夫人の疑惑を徹底検証した『「殉愛」の真実』の反響はすさまじく、初版5万部はあっという間に完売。Amazonで500件近いレビューがつきながら、星5つの評価を保っている。

 そんな中、プロインタビュアーの吉田豪による『殉愛』と『殉愛の真実』の読み比べが一部で話題になっている。『殉愛の真実』の発行元・宝島社の雑誌「宝島」5月号で「『殉愛』vs.『殉真』、私はこう読んだ!」と題し、お笑い芸人のプチ鹿島と対談。独特の解釈を披露しているのだ。

 最初に『殉愛』を読んだとき、吉田は「完全に『空手バカ一代』だ」と思ったという。

「『これは事実であり、この男は実在する』と書かれているのに、大半が本当じゃなかったのと同じですよ。極真会館のゴタゴタにもよく似ていて、大山倍達が亡くなった後に松井派と大山派が跡目を巡って仲間割れするストーリーが『殉愛騒動』そのままなんです」

 一方、『殉愛の真実』については、「さくら夫人の2番目のアメリカ人夫のインタビューが最高」だとして、こう解説する。

「あれで全部の謎が解ける感じです。激高すると突然、人格が変わる。無償の愛の人のはずだったのが、本当はマネー、マネー、マネーの人だった、と。最高ですね(笑)」

 だが、吉田はさくら夫人の計算や凄さに驚嘆する一方で、百田についてはこんな見方を披露する。

「ネットなどでは百田さんが相当悪い人間みたいに言われていますけど、ボクは違う意見なんです。百田さんはさくら夫人に翻弄されているだけだと思っていて、かつて出演していた『ラブアタック!』の時代と変わっていない。かぐや姫に翻弄されまくる『みじめアタッカー』なんですよ。それが続いているだけだと思う。」
「百田さんに会ったらボクは好きになると思う。あのウカツさは結構ツボなんです(笑)。相当ピュアな人じゃないですか。だからネトウヨ的な思想やさくら夫人も信じちゃうんじゃないかな」

「百田=みじめアタッカー」とは、さすがは数々のトンデモタレント本を“書評”してきた吉田である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

百田尚樹『殉愛』の真実/角岡伸彦/西岡研介/家鋪渡

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

吉田豪が『殉愛』『殉愛の真実』読み比べ! マスコミの百田タブーに直面した体験も告白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブーマスコミ吉田豪林グンマ殉愛百田尚樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
15 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
16 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 財務次官セクハラが海外メディアでも
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした