ヲタと非ヲタの見分け方は? オタク女子の擬態スキルがスゴい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
otakujoshi_01_140805.jpg
『オタク女子の擬態化計画』(ふゅーじょんぷろだくと)

 近年、ライトなオタクも含めてオタク人口は増加しているが、まだまだ周囲には公言していない隠れオタクも多い。とくに、女子の場合は学校や職場、家でヲタバレしないように“擬態”するため、ノーメイクで髪もボサボサ、服装も無頓着な「いかにもオタク」という女子は少ない。しかも、最近はその擬態スキルもあがってきているので、パッと見でオタクかどうか見分けるのは至難の技。そこで、オタク女子が擬態するためにどんな努力をしているのか、アンソロジーコミック『オタク女子の擬態化計画』(ふゅーじょんぷろだくと)から紹介してみよう。

 まず、擬態の初歩として誰もが真っ先に挙げたのが髪だ。普段は身だしなみに気を遣わず、できるだけオタク活動にお金を注ぐ彼女たち。「限りある時間をそんなことに使いたくない」ため、めったに美容院へは行かない。しかし、コミケやライブといったイベント前になると擬態女子たちはほぼ全員美容院へと向かう。そして、「一度ラクできる髪型にしてしまえば数ヶ月はずっとラクができる!」ということで、手入れがラクな髪形を選び、傷んでいたらバッサリショートにしてしまうようだ。ただ、極度のコミュ障でもあるオタク女子たちにとって、美容院での会話は地獄。それに耐えられない人は、自分で切ってしまうか、ウィッグを被ってやり過ごす人もいるらしい。

 ただ、髪型を整えただけでは擬態とはいえない。見た目の次は、その会話にも気を遣う。オタクだと、どうしても普段の会話にネットスラングや同人用語を使ったり、キャラ名を出してしまうもの。だが、そんなことをすれば一発でヲタバレしてしまう。だから、おしゃれなカフェや人目のあるところで趣味の会話をするときは、同人用語やキャラ名を伏せて普通の会話に聞こえるように“偽装会話”するという。

 たとえば「この前ね~学校でめっちゃいい人居たんだよ~~~」「ほんと~? あたしも李さんと進展あったんだけどね~」といった会話。これだけ聞いても違和感はないが、実際は「この前の同人イベントでクソ萌える本見つけてよォ」「俺も兵長のグッズ買ったんだけどマジぶちおか~」(「ぶちおかしたい」の略で、おつきあいしたいという意味)という話をしているのだ。しかし、同人用語を隠すことばかりに気を取られ、下ネタワードまで気が回らずつい口にしてしまうことも。これでは、オタクを隠すことはできても、女子としてNGなので、もう少し擬態レベルを上げる必要があるだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

オタク女子の擬態化計画 (ポーバックス Be comics)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ヲタと非ヲタの見分け方は? オタク女子の擬態スキルがスゴい! のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヲタの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画