日本の嫌韓本が韓国の“反日ビジネス”に丸乗りするパラドックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hannichibusiness_01_140718.jpg
『韓国人による恥韓論』(扶桑社新書)

 先日、このサイトで配信した記事「『嫌韓は日本の韓国化』産経の保守派論説委員が嫌韓ブームを批判」は大きな反響を呼んだ。30年間にわたって韓国問題を取材し、韓国の反日ナショナリズムを批判してきたはずの黒田勝弘・産経新聞ソウル駐在客員論説委員が、日本の嫌韓ブームに真っ向から異議を唱えたことは相当な衝撃だったらしい。

 その黒田氏がもうひとつ、「嫌韓本」の意外なカラクリを指摘している。問題にしているのは、2013年に起きて、複数の嫌韓本に取り上げられた「親日老人撲殺」事件だ。

 いったいどんな内容なのか、20万部を突破したベストセラー『韓国人による恥韓論』(シンシアリー/扶桑社新書)からその震撼ニュースを紹介してみる。

「もし、反日に酔い過ぎで完全に制御を失うと、獣になると、どうなるのでしょうか。実例です。2013年5月、ソウルの鍾路にある有名な公園で、38歳の男が95歳の老人を殴り殺す事件がありました。老人が『日本の植民地支配は、よかった』と話し、それを聞いた男が激怒したのです。犯人は老人を蹴り倒し、杖を奪って頭を集中的に殴り、結局は殺してしまいました。」(P174)

 著者のシンシアリーは、自称1970年代、韓国生まれ、韓国育ちの韓国人歯科医師。親日派の立場から、韓国の反日思想を皮肉ったブログを本にしたものだ。

「親日老人を撲殺する」というニュースは衝撃的とあってか、20万部を超えるベストセラー『呆韓論』(室谷克実/産経新聞出版)でも紹介されている。

 著者の室谷は元時事通信ソウル特派員という経歴で、独自の韓国ネットワークからの豊富な情報量と“嫌韓”のスタンスで日本の夕刊紙などで引っ張りダコになり保守系文化人の仲間入りを果たした人物だが、その室谷はこう書く。

「日本のネットの世界ではかなり話題になった事件だが、全国紙もテレビも取り上げていないようなので、あえて書くことにした。
 事件が起きたのは、13年5月。ソウルのメーンストリートであるチョンノの脇にある宗廟市民公園で、酒に酔った37歳の男が、95歳の老人に暴行を加えた。老人が『日本の統治時代は良かった』と述べたことに、男が腹を立てての犯行だった。これが事件当時ほとんど報じられなかったのは『単純傷害事件』として処理されたためらしい。
 しかし、老人が収容先の病院で死亡し、事件は傷害致死となり、ソウル地裁は9月10日、男に懲役5年を宣告した。12日になって韓国紙『世界日報』が報じたのを、日本の俊敏なる韓国ネットウォッチャーが見逃さなかった──これまでの経緯だ」
「判決報道の後、韓国のネットには、犯人を英雄視し、殺された親日老人を罵倒する書き込みがあふれた」

 この事件は他にも、『韓国「反日謀略」の罠』(拳骨拓史/扶桑社)や『もう、この国は捨て置け! ─韓国の狂気と異質さ』(呉善花、石平/ワック)など、さまざまな嫌韓本に取り上げられている。そして、これらの本の記述を読むと、「親日老人撲殺」事件は、日本のマスコミでは取り上げられていないが、韓国では大きく報じられている周知の事実のような印象を受ける。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

日本の嫌韓本が韓国の“反日ビジネス”に丸乗りするパラドックスのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。反日嫌韓統一協会の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!