>  >  > 嫌韓本と反日ビジネスの相補関係

日本の嫌韓本が韓国の“反日ビジネス”に丸乗りするパラドックス

【この記事のキーワード】, ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hannichibusiness_01_140718.jpg
『韓国人による恥韓論』(扶桑社新書)

 先日、このサイトで配信した記事「『嫌韓は日本の韓国化』産経の保守派論説委員が嫌韓ブームを批判」は大きな反響を呼んだ。30年間にわたって韓国問題を取材し、韓国の反日ナショナリズムを批判してきたはずの黒田勝弘・産経新聞ソウル駐在客員論説委員が、日本の嫌韓ブームに真っ向から異議を唱えたことは相当な衝撃だったらしい。

 その黒田氏がもうひとつ、「嫌韓本」の意外なカラクリを指摘している。問題にしているのは、2013年に起きて、複数の嫌韓本に取り上げられた「親日老人撲殺」事件だ。

 いったいどんな内容なのか、20万部を突破したベストセラー『韓国人による恥韓論』(シンシアリー/扶桑社新書)からその震撼ニュースを紹介してみる。

「もし、反日に酔い過ぎで完全に制御を失うと、獣になると、どうなるのでしょうか。実例です。2013年5月、ソウルの鍾路にある有名な公園で、38歳の男が95歳の老人を殴り殺す事件がありました。老人が『日本の植民地支配は、よかった』と話し、それを聞いた男が激怒したのです。犯人は老人を蹴り倒し、杖を奪って頭を集中的に殴り、結局は殺してしまいました。」(P174)

 著者のシンシアリーは、自称1970年代、韓国生まれ、韓国育ちの韓国人歯科医師。親日派の立場から、韓国の反日思想を皮肉ったブログを本にしたものだ。

「親日老人を撲殺する」というニュースは衝撃的とあってか、20万部を超えるベストセラー『呆韓論』(室谷克実/産経新聞出版)でも紹介されている。

 著者の室谷は元時事通信ソウル特派員という経歴で、独自の韓国ネットワークからの豊富な情報量と“嫌韓”のスタンスで日本の夕刊紙などで引っ張りダコになり保守系文化人の仲間入りを果たした人物だが、その室谷はこう書く。

「日本のネットの世界ではかなり話題になった事件だが、全国紙もテレビも取り上げていないようなので、あえて書くことにした。
 事件が起きたのは、13年5月。ソウルのメーンストリートであるチョンノの脇にある宗廟市民公園で、酒に酔った37歳の男が、95歳の老人に暴行を加えた。老人が『日本の統治時代は良かった』と述べたことに、男が腹を立てての犯行だった。これが事件当時ほとんど報じられなかったのは『単純傷害事件』として処理されたためらしい。
 しかし、老人が収容先の病院で死亡し、事件は傷害致死となり、ソウル地裁は9月10日、男に懲役5年を宣告した。12日になって韓国紙『世界日報』が報じたのを、日本の俊敏なる韓国ネットウォッチャーが見逃さなかった──これまでの経緯だ」
「判決報道の後、韓国のネットには、犯人を英雄視し、殺された親日老人を罵倒する書き込みがあふれた」

 この事件は他にも、『韓国「反日謀略」の罠』(拳骨拓史/扶桑社)や『もう、この国は捨て置け! ─韓国の狂気と異質さ』(呉善花、石平/ワック)など、さまざまな嫌韓本に取り上げられている。そして、これらの本の記述を読むと、「親日老人撲殺」事件は、日本のマスコミでは取り上げられていないが、韓国では大きく報じられている周知の事実のような印象を受ける。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 宇野常寛がNHKの自主規制を暴露
2 石原伸晃が舛添批判…でも父親はもっと
3 性差別なくす秘策は「男の肛門開発」!?
4 安倍がサミットで伊勢神宮訪問ゴリ押し
5 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
6 上原亜衣は? AV女優の引退後
7 小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
8 橋下徹が沖縄米軍の事件で女性差別発言
9 竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
10 大森靖子「小6のときレイプされて」
11 武田鉄矢の原発擁護論のデタラメ
12 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
13 明石家さんまが東京五輪開催を批判!
14 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
15 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
16 能年玲奈は独立できるか?飼い殺しも
17 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
18 指原が東大美女ツアーでオヤジ発言
19 基地反対派が女児暴行は右派のデマ
20 アイドル刺傷事件で警察の対応に責任
PR
PR
1明石家さんまが東京五輪開催を批判!
2東京五輪招致裏金に電通が関与と英紙
3沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
4高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
5『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
6東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
7創価学会で反安倍、反執行部クーデター
8大企業と富裕層に優しい安倍政権の税制
9安倍首相がまた「私は立法府の長」発言
10高樹沙耶の大麻解禁公約は間違ってない
11沖縄事件で暴言!報ステ後藤謙次の正体
12小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
13山本太郎「日本会議に負けるな」
14次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
15舛添問題で石原良純が挙動不審に!
16安倍の母が過保護発言、昭恵夫人に嫌味
17竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
18日本が加害者の戦争映画は作れない?
19舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
20石原伸晃が舛添批判…でも父親はもっと
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」