絶景より野生の猿に感動? 外国人が選んだ意外な「日本百景」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nihonhyakkei_140714.jpg
『外国人が選んだ日本百景』(講談社+α新書)

 昨年、富士山が世界遺産に登録され、2020年に東京オリンピックの開催が決定するなど、世界的に注目されている日本。いまや、秋葉原で本気コスプレに興じ、器用にラーメンをすする外国人観光客の姿も珍しくなくなった。

 そんな彼らに人気の観光スポットと言えば浅草や秋葉原、築地に京都……というのが定説だが、『外国人が選んだ日本百景』(講談社+α新書)には、われわれ日本人が想像だにしない意外なスポットとその魅力が挙げられている。

 著者は、日本の旅行情報や文化情報を集約したサイト『ジャパンガイド』を運営するステファン・シャウエッカー氏。スイスで生まれ、日本好きが高じて群馬に移住し、自分で見て、聞いて、歩いて収集したきめ細かい最新情報を発信する筋金入りの日本フリークだ。

 本書には、月平均で800万アクセスを誇る『ジャパンガイド』による日本の観光地BEST100ランキングが掲載されているが、その評価は訪れた人数だけでなく、登録ユーザーによる5段階の満足度も加味。つまりリアルな訪問者の声ということだが、まず、50位以内に東京では「渋谷」(46位)と「築地」(50位)のふたつしか入っていない事実が興味深い。

 しかも、2年前にできたばかりの「東京スカイツリー」(73位)より外国人が惹かれるのは、近畿圏以外の人は存在すらあやふやな「姫路城」(9位)だという。「渡櫓(わたりやぐら)で三基の小天守と繋がった連立式天守は防御性に優れ、日本に12城しかないオリジナルのまま残された天守の中でも最大規模の大きさに感動」と、もはや城壁マニアレベルの視点に驚かされるが、山の上に鎮座する和歌山県の「熊野那智大社」(22位)は「朱塗りの三重塔と荘厳な大自然の滝の不思議なコンビネーションが最大の魅力」と絶賛。行きづらい場所にあっても外国人観光客にとって「伝統的な日本やありのまま残された自然の原風景」を体感できるスポットがたまらないようで、街全体に風情が漂う「城崎温泉」(26位)に至っては、「外湯があり、美しい川が流れ(中略)私は外国人なのに、なぜか『懐かしい』と感じてしまう……」とノスタルジー体験が斬新すぎる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

外国人が選んだ日本百景 (講談社プラスアルファ新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

絶景より野生の猿に感動? 外国人が選んだ意外な「日本百景」とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。外国人観光地の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画