セクハラやじよりひどい! 週刊誌が塩村議員を”セカンドレイプ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shiomura_140708.jpg
「塩村あやかオフィシャルWEBサイト」より


 海外メディアにも取りあげられるなど、想像以上の広がりを見せた都議会のセクハラやじ騒動。騒動は国会にも波及し、安倍政権の幹部や新聞、テレビなどの大手メディアも、鈴木章浩都議をはじめ、差別的な野次を平気で叫ぶ政治家を激しい調子で非難している。だが、その一方、雑誌ジャーナリズムの世界では奇妙な現象が起きている。鈴木議員らから「早く結婚したほうがいいんじゃないか!」「子供を産めないのか!」とのひどい野次を受けた被害者であるはずの塩村文夏議員の経歴がクローズアップされ、彼女がバッシングの対象になっているのだ。

「実は女の敵だった「美人都議」白いスネの傷」(「週刊新潮」7月3日号)
「「塩村議員」純情可憐の仮面の下」(「週刊新潮」7月10日号)
「涙のヒロイン塩村文夏「華麗なる履歴」」(「週刊文春」7 月3日号)
「塩村文夏議員 奔放すぎる水着Dカップ」(「FLASH」7月15日号)

 7月はじめに発売された主要週刊誌には鈴木議員そっちのけでこんなタイトルが躍った。タイトルから容易に想像できるように、その内容は、塩村議員の過去の経歴を暴露し、貶めるもの。塩村議員は過去にグラビアアイドルや編集者、放送作家をしており、バラエティにも出演したことがあるのだが、それが格好の材料となってしまったのだ。

 例えば「週刊新潮」では、塩村議員が08年、ジャニーズのタレントが司会するバラエティに出演していたときのエピソードを引っぱり出す。

 その際、塩村議員は「同時に何人も愛せますか?」という質問に「全然平気だと思います」と答え、また「男は信用しないの。男の言ってること、半分はウソだから」「彼氏2番手、3番手がいても演じてれば(中略)3日の旅行くらいだったら全然わからないから。バレなかったら、なかったと同じですもん」と発言したらしいのだが、「新潮」はその発言を取り上げて、こう批判するのだ。

「“男性の尊厳”を傷つける発言」「都議会で野次を飛ばしながら名乗り出ない議員連中には“バレなかったら、なかったことと同じ”と言わないのだろうか」

 そして「強い印象を与える“発信力”には感心させられるが、どうやら塩村議員にとって、それはお手の物であるらしい」と皮肉たっぷりにコメント。タレント時代のバラエティ番組でのサービストークと、議会でのセクハラ発言はまったく次元がちがう話なのに、それをわざと同一視することで問題の本質をずらし、今回の騒動を塩村議員の売名行為のごとく、ほのめかすのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

セクハラの誕生: 日本上陸から現在まで

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

セクハラやじよりひどい! 週刊誌が塩村議員を”セカンドレイプ”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ハラスメント塩村文夏政治家の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!