櫻井翔パパ・桜井俊氏の電通天下りの裏に電波利権が! 電波オークションをめぐる安倍政権と電通の思惑とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
櫻井翔パパ・桜井俊氏の電通天下りの裏に電波利権が! 電波オークションをめぐる安倍政権と電通の思惑とはの画像1
パパが電通に天下った櫻井翔。タブーも最強に!?

 広告代理店最大手の電通が、来年1月1日付けで桜井俊・元総務省事務次官を執行役員に迎えることを発表した。ご存じの通り、桜井氏は人気アイドルグループ・嵐の櫻井翔の父。昨年6月、事務次官からの退官が決まると自民党から都知事選への出馬を要請されたが固辞し、同年9月に三井住友信託銀行の顧問に就任していた。つまりワンクッション置いた上での、総務省元事務方トップによる事実上の“天下り”である。


 しかも、今回の人事で電通は、桜井氏を労働基準法を遵守するための仕組みづくりのために抜擢したと公表。過労自殺した高橋まつりさんの事件で電通の労働基準法違反の実態が露呈したが、それを踏まえたガバナンス強化のための人事だと言うのである。

 しかし、これはあきらかにおかしい。桜井氏は総務省で総合通信基盤局や情報通信国際戦略局で腕を振るい、地デジ化を指揮するなどテレビ事業にダイレクトに関連する電波・通信事業畑を歩んできた官僚だ。にもかかわらず、労務のために抜擢したというのは違和感しかない。

 むしろ、桜井氏の電通への天下りは、安倍政権が導入を睨んでいる「電波オークション」への対策にあるのではないかと見られている。

 電波オークションとは電波の利用権を競争入札にかける制度で、安倍首相は今年6月に閣議決定した「規制改革実施計画」のなかで電波オークションを検討事項に挙げ、9月には「ダイナミックな電波の利活用が可能となるよう割当制度の改革は待ったなしだ」と主張。11月29日におこなわれた規制改革推進会議では、電波オークションについては「検討継続」となったが、答申には現行の制度に「価格競争」の要素を取り入れる旨が加えられた。

 一方、桜井氏は前述したように長年に渡って電波行政を担当し、規制緩和の改革を進めてきた人物。そして、安倍政権とも関係が深いことでも知られる。

櫻井翔の父・俊と安倍政権の深い関係 菅官房長官、世耕経産相と…

「俊氏はNTTの分割を主導した人物ですが、そのときに協力関係を築いたのが、NTT出身の総務族議員で現在の経済産業大臣の世耕弘成氏だった。また、安倍政権最大の実力者である菅義偉官房長官のおぼえもめでたく、菅氏が総務大臣のときに総合通信基盤局長電気通信事業部長から総括審議官に引き立てられています」(総務省関係者)

 電波オークションはもともと民主党政権が規制緩和の一環として導入を検討したもの。このとき桜井氏は「電波オークション法案」を自民党総務族と一緒になって反対し、総合通信基盤局局長から情報通信国際戦略局長という“横滑り人事”でラインから外された。

 ところが自民党が政権に返り咲き、第二次安倍政権が発足すると、菅官房長官の肝いりで一気にナンバー2である審議官に抜擢。桜井氏が事務次官に就任したのは2015年だが、これもじつは前年に就任予定だったところを菅官房長官の判断で延期。この理由について、前出の総務省関係者は「安保法制や原発再稼働で一番難しい2015年に、桜井氏を次官に据えて、報道ににらみを利かせたいという菅さんの判断だった」と話す。

 ようするに、電通の今回の人事は、電波オークション導入で参入を目論む企業のビジネスモデルを構築するという新たな事業に向け、電波行政に顔が利く桜井氏を抜擢。同時に、安倍政権のパイプ役としても白羽の矢を立てたのではないかと考えられているのだ。

桜井氏電通天下りの裏にある、電波利権をめぐる安倍政権と電通の思惑

「現在、安倍政権は電波オークションの導入を、既得権益を守りたいテレビ局への恫喝材料にして報道圧力に使っているが、オークションを導入すれば安倍政権には利権がひとつ増えるメリットもある。オークションによって審査の透明性が確保されるといわれますが、どこまでオープンにする気があるかはわからず、政権の意向が反映される可能性もある。そうなれば、電通としてもこれまで以上に政権と強い繋がりをもっておきたい。とくに電波オークション導入に前のめりの菅官房長官と桜井氏は関係が深いですからね」(全国紙記者)

 安倍政権の思惑と利権に群がろうとする電通──。だが、桜井氏の人事が与える影響はこれだけにとどまらない。それは、息子・櫻井翔のメディアタブーが強まるということだ。

 そもそも櫻井翔が所属する嵐は、ジャニーズ事務所のなかで実権を握るメリー喜多川氏の娘である藤島ジュリー景子氏が統括しており、ジャニーズ内でもっとも優遇されているグループ。テレビのキャスティングにも力が入れられ、他方、スキャンダルは徹底して潰されてきた。そのなかでも“ミスター総務省”と呼ばれた父をもつ櫻井翔は特別だった。

「嵐がauのCMに起用されたのはKDDIによる櫻井パパへの露骨なゴマすりだと言われたこともあるように、ジャニーズにとってもありがたい存在。かつ、そうした櫻井のエリートのイメージを最大限利用して『NEWS ZERO』(日本テレビ)のキャスターにも押し上げることができた。その上、お父さんが電通の執行役員となれば、テレビはもちろん週刊誌もますます下手なことは書けなくなるでしょうね」(週刊誌記者)

 しかも、現在は「タレントキャスター」に過ぎないものの、今後、櫻井がさらに政治的な仕事や発言を強めていく可能性は高い。そのとき、父の威光によってメディアが櫻井に物申すことが難しくなれば、それこそ櫻井は絶対的な存在となるだろう。

 桜井氏の電通への天下りが政界と芸能界に与える影響は、かなり大きいものとなりそうだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

櫻井翔パパ・桜井俊氏の電通天下りの裏に電波利権が! 電波オークションをめぐる安倍政権と電通の思惑とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。天下り安倍政権櫻井翔総務省編集部電通の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍首相が総裁選でトンデモ発言継続中
2 安倍首相が圧力問題で自分の嘘をバラし犯人を示唆
3 樹木希林が辺野古に現れた日
4 安室奈美恵のラストライブをめぐり自民党が
5 安倍首が総裁選討論会で嘘と逆ギレ連発
6 安倍の北方領土交渉失態に応援団が沈黙
7 安倍チル議員から圧力受けた『ちびまる子ちゃん』映画
8 沖縄県知事選で創価学会幹部が暗躍
9 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
10 秋元康のガールズバンド計画が大炎上
11 安倍政権が「賃金データ」を恣意的操作
12 大坂なおみを“日本スゴイ”に利用する政治家とメディア
13 総裁選で安倍側近・西村官房副長官が地方議員に圧力
14 “慰安婦像に蹴り”人物と杉田水脈、和田政宗の関係
15 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
16 蓮池透が南北会談めぐる安倍の姿勢を批判
17 日露首脳会談で“外交の安倍”の大嘘が露呈
18 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
19 安倍首相にインポ・マッチョ批判
20 NHKが「安倍首相が〜」の冠ニュース連発する異様
1 安倍首が総裁選討論会で嘘と逆ギレ連発
2 安倍が「やってる」アピールで自ら地震の死者数発表するも大間違い
3 北海道地震でも安倍はネトウヨ番組『虎ノ門ニュース』に
4 安倍陣営幹部が産経に「北海道地震は選挙戦にプラス」
5 北海道地震の停電でホリエモンら「泊原発再稼働させろ」
6 安倍首相が韓国大統領からの災害見舞いを完無視
7 安倍首相がまたも台風21号被災地を放置
8 樹木希林が辺野古に現れた日
9 NHKが「安倍首相が〜」の冠ニュース連発する異様
10 松井府知事と橋下徹の台風対応が酷い!
11 キムタク『検察側の罪人』の安倍政権批判が話題
12 日露首脳会談で“外交の安倍”の大嘘が露呈
13 安倍首相が総裁選でトンデモ発言継続中
14 大坂なおみを“日本スゴイ”に利用する政治家とメディア
15 安倍がネトウヨ「虎ノ門ニュース」出演
16 総裁選で安倍側近・西村官房副長官が地方議員に圧力
17 関西空港の惨状は民営化と運営会社のせい?
18 日テレ青山和弘がセクハラで有働アナのパートナー降板
19 安倍の北方領土交渉失態に応援団が沈黙
20 安倍政権が「賃金データ」を恣意的操作

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄