トランプ的価値観に抵抗する米映画界! アカデミー賞『シェイプ・オブ・ウォーター』監督は「映画は国境線を消せる」とスピーチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
トランプ的価値観に抵抗する米映画界! アカデミー賞『シェイプ・オブ・ウォーター』監督は「映画は国境線を消せる」とスピーチの画像1
『シェイプ・オブ・ウォーター』公式HPより


 今月4日(現地時間)に行われた第90回アカデミー賞授賞式。作品賞を『シェイプ・オブ・ウォーター』が、監督賞を同作のギレルモ・デル・トロ監督が受賞したことは、もうすでに多くのメディアで報じられている通り。

 その受賞のスピーチのなかで、ギレルモ・デル・トロ監督はこのように語った。

「私は移民です。多くの皆さんと同じようにね。25年間この国に暮らしてきました。私たちの業界の1番素晴らしいところは、国境線を消し去ってしまえるところだと思います。世界がその“線”をより深く刻むときこそ、私たちは消し続けていくべきです。この道を私とともにしてくれたすべての人々に感謝します」(ウェブサイト「映画.com」より)

『シェイプ・オブ・ウォーター』の舞台は、1962年の米国メリーランド州ボルチモア。政府の機密機関で清掃員として働くイライザ(サリー・ホーキンス)が主人公。彼女は幼い頃のケガの影響で声帯を損傷し声を出すことができないが、手話でコミュニケーションし、彼女のことを理解してくれる友人がいてくれるおかげで穏やかな生活を送ることができていた。

 そんななか、アマゾンの奥地で捕らえてきたという謎の半魚人が施設に運ばれてきた。冷戦下のアメリカ政府はこの半魚人の生態を調べ軍事利用することを画策していたのだ。

 一方、イライザと半魚人はひょんなきっかけから思いを交わすことができるようになり恋が芽生え始める。そんななか、ついに半魚人の解剖命令が軍上層部からくだることに。そして、半魚人を救うため、イライザは友人らとともに救出作戦を立てる──というのがあらすじ。

 ギレルモ・デル・トロ監督がアカデミー賞受賞スピーチで、先に引用したようなトランプ政権以降強まった「人々の分断」について語ったのには理由がある。

『シェイプ・オブ・ウォーター』という作品自体、強権的なマッチョイズムをもった支配層が、マイノリティに対して公然と差別的な態度をとって排斥する現状へのアンチテーゼとなる物語だからだ。もちろん、その背景には、メキシコで生まれ育ったギレルモ・デル・トロ監督自身の出自も大きく関係しているだろう。

 また、この物語が1962年のアメリカを舞台にしていることにも、重要な意味が込められている。監督は映画の日本公開に先駆けて来日しているが、その際、1962年という舞台設定に関して「トランプ大統領は「もう一度アメリカを偉大な国にしよう」と言いましたが、その出発が1962年なのです。第2次大戦が終わり、アメリカはとても裕福になり、将来に希望を持っていました。ところがその裏では、冷戦があり、今と変わらぬ人種や性差別もありました」(ウェブサイト「エンタメOVO」より)と説明している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

トランプ的価値観に抵抗する米映画界! アカデミー賞『シェイプ・オブ・ウォーター』監督は「映画は国境線を消せる」とスピーチのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アカデミー賞ギレルモ・デル・トロシェイプ・オブ・ウォータースティーブン・スピルバーグ編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 “日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
2 安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
3 産経が新潟知事選でフェイク野党攻撃!
4 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
5 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
6 指原莉乃がセクハラをハニトラと
7 高プロ法案の強行採決を許すな!
8 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
9 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
10 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
11 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
12 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
13 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
14 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
15 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
16 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
17 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
20 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
7産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
8安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
9 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
10のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
17弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
18「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
19“日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
20『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?