メリル・ストリープのトランプ批判は安倍政権のヘイト思想に侵された日本社会にこそあてはまる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 日本では政治にかかわる問題について口にすると「政治的」とされ、菅野弁護士が言ったように「色」をつけられる。しかし、差別的言動に対して「それはいけない」と言うことは政治的などではない。「当たり前」の指摘だ。なのに、「政治的だ」ということで当然の批判も封じ込められている。それが日本の現状ではないのか。青木氏は、こうつづけた。

「日本だってね、ヘイトスピーチをするような連中は論外だとしてもですね、ちょっと前に沖縄の人に向かって警察官が『土人』とかなんとか言ったって、それ自体ひどいんだけども、大阪の知事がね、(差別的発言をした警察官に対して)『お疲れ様』って言っちゃうっていうのは、ある種、『あ、そういうことを言ってもいいんだ』ってことは日本でも起きてるわけですよね」
「メリル・ストリープさんおっしゃったように、メディアとか報道機関の役割とは何なんだと。やっぱりおかしなことを権力者が言ったときには『おかしいですよね』って敢然と言うのがあなたたちの仕事でしょう?っていうふうな、この言葉というのを、ほんとうに受け止めなくちゃいけない」

 このように、いまのアメリカと日本の状況があまりに重なり合うなかで発せられたメリルのスピーチ。だが、メリルの発言をこうして日本と照らし合わせてコメントしたのは青木氏くらい。ほかのニュース番組やワイドショーのほとんどが「またトランプがお騒がせ」などと処理してしまった。──「報道する力を持ち、どんな横暴に対しても厳しく批判する信念を持った記者が必要」と語ったメリルの言葉が自分たちにも向けられていることに、この国のジャーナリストたちは気付かなかったとでもいうのだろうか。

 アメリカ大統領選ではジョージ・クルーニーやリチャード・ギア、ジョニー・デップをはじめとして多くのハリウッド俳優たちがトランプ批判を繰り出したが、日本では前述したように「政治的」というマイナス評価がつきまとって当たり前の反応さえ出てこない。その上、報道が思考停止状態に陥っているいま、日本が置かれた状況はアメリカ以上に危険と言わざるを得ないだろう。

 メリルの揺るがない強い意志が感じられる姿からこの国に視線を移せば、溜息をつかずにはいられない。
(水井多賀子)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 籠池と松井の接点を大物府議の元秘書が
2 2枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
3 稲田夫が籠池と財務局との交渉に同席
4 籠池証人喚問で自民党議員の質問に唖然
5 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
6 ニュース女子・沖縄デマはなぜ生まれた
7 宮古島、石垣島が米中戦争の捨て石に!
8 安倍首相のオカルト行動を昭恵が証言
9 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
10 安倍100万円振込票と長女の目撃証言
11 厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
12 籠池の依頼で昭恵夫人が口利きか
13 安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
14 国税の税務調査を使った報道への圧力
15 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
16 松本人志が森友問題から逃げた!
17 つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
18 籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
19 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
20 日本会議が森友学園をネトウヨと排撃
PR
PR
1籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
2小籔千豊「教育勅語は悪くない」は無知
32枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
4 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
5安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
6籠池理事長が「安倍首相から100万円」
7籠池理事長の豹変の裏に官邸からの圧力
8籠池理事長が稲田朋美との関係を証言
9安倍100万円振込票と長女の目撃証言
10甲状腺がん「原発と関係ない」に反論!
11教育勅語復活論者の現代語訳はニセ物だ
12迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
13安倍応援団の情報操作に騙されるな!
14“第二の森友学園”関係者を最高裁判事に
15森友で橋下と松井が国の圧力暴露も…
16昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
17田崎が“籠池が稲田にセクハラ”の噂を
18籠池証人喚問で自民党議員の質問に唖然
19松井知事が森友認可前に私学課に圧力?
20籠池の依頼で昭恵夫人が口利きか
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」