>  >  > 松本人志の大手事務所タブー批判に違和

松本人志「大手芸能事務所のタブー化」批判にバーニング所属のウェンツが涙目! でも松本も吉本に守られているんじゃ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松本はそのギャップに警鐘を鳴らしたわけだが、この発言には、番組の共演者たちは完全に凍りついていた。とくに、ゲスト出演していたウエンツ瑛士は自身がバーニングに所属しているということでかなりうろたえ、涙目になりながらこんな本音をもらしてしまった。

「いい面も悪い面も両方あると思うんですよ。もうそれは。あのー、それでうまく……まあ、うまく回るって言葉がすごく汚いとは思うんですけど、それで、テレビをより楽しみやすくしてる部分も絶対あると思うし、うーん、すっごい難しい」
「絶対自分だって、守られてる方の身なんですよ。だから、だからっていうわけにもいかないんですけど、じゃあ、自分とこもぶっ壊してくれとか、そういうわけにもいかないじゃないですか。だから最終的には、俺を殺してくれという気持ちでやるしかないんですよ」

 しかし、当然だが、ネットは「松ちゃんよく言った」という声であふれかえっている。「自分もタレントでありながら、ここまで踏み込むというのは、さすが」という評価が大勢を占めている。

 だが、本当にそうなのだろうか。たしかに松本はこれまで誰も触れなかった大手芸能事務所タブーの問題には触れた。しかし、具体的に「ジャニーズ」とか「バーニング」の名前を挙げたわけではなく、結局、タブーを温存させたまま。しかも、こんな主張をしていた。

「僕らだってバカじゃないから、そんな好き勝手言えないもんね」
「触れないことの残念さというか、結局それって、一番損すんのはタレントやと思うんです」
「芸能界を誰も信用してくれなくなってくるっていうのが、僕は嫌やなって思います」

 ようするに、松本はネットで話題になっていることを口にできないのは自分のせいじゃないといい、むしろ自分たちはテレビ局に恥をかかされている、と不満を語っていたに過ぎないのだ。これは明らかに責任転嫁というヤツだろう。

 そもそも、松本くらいのポジションになれば、ジャニーズだろうがバーニングだろうが、何をいってもテレビ局から抑えこまれることはないはずだ。それを自主規制しておいて、自分がテレビの被害者のように語るのは、卑怯すぎないか。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 百田尚樹が今度は被害妄想的テレビ攻撃
2 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
3 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
4 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
5 『王様のブランチ』MC渡部の情報力
6 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
7 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
8 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
9 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
10 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
11 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
12 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
13 SMAP最後の日に中居と木村が
14 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
15 空中分解KAT-TUNの暴露本が出版
16 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
17 X JAPAN TAIJI死の究明に前進
18 キムタク最大のタブーとは?
19 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
20 トランプ以前から米は日本を守る気ない
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
7安倍政権が“国策映画”計画へ
8今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
9片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
10メリルストリープの指摘は日本のことだ
11慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
12宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
13アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
14政権が原発被害隠しにDASH村利用
15佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
16保護なめんなジャンパーは氷山の一角
17安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
18是枝監督「映画が日本に利用されてる」
19統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
20橋下がトランプ擁護“メディアは打ち首”
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」