松本人志「大手芸能事務所のタブー化」批判にバーニング所属のウェンツが涙目! でも松本も吉本に守られているんじゃ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 松本はそのギャップに警鐘を鳴らしたわけだが、この発言には、番組の共演者たちは完全に凍りついていた。とくに、ゲスト出演していたウエンツ瑛士は自身がバーニングに所属しているということでかなりうろたえ、涙目になりながらこんな本音をもらしてしまった。

「いい面も悪い面も両方あると思うんですよ。もうそれは。あのー、それでうまく……まあ、うまく回るって言葉がすごく汚いとは思うんですけど、それで、テレビをより楽しみやすくしてる部分も絶対あると思うし、うーん、すっごい難しい」
「絶対自分だって、守られてる方の身なんですよ。だから、だからっていうわけにもいかないんですけど、じゃあ、自分とこもぶっ壊してくれとか、そういうわけにもいかないじゃないですか。だから最終的には、俺を殺してくれという気持ちでやるしかないんですよ」

 しかし、当然だが、ネットは「松ちゃんよく言った」という声であふれかえっている。「自分もタレントでありながら、ここまで踏み込むというのは、さすが」という評価が大勢を占めている。

 だが、本当にそうなのだろうか。たしかに松本はこれまで誰も触れなかった大手芸能事務所タブーの問題には触れた。しかし、具体的に「ジャニーズ」とか「バーニング」の名前を挙げたわけではなく、結局、タブーを温存させたまま。しかも、こんな主張をしていた。

「僕らだってバカじゃないから、そんな好き勝手言えないもんね」
「触れないことの残念さというか、結局それって、一番損すんのはタレントやと思うんです」
「芸能界を誰も信用してくれなくなってくるっていうのが、僕は嫌やなって思います」

 ようするに、松本はネットで話題になっていることを口にできないのは自分のせいじゃないといい、むしろ自分たちはテレビ局に恥をかかされている、と不満を語っていたに過ぎないのだ。これは明らかに責任転嫁というヤツだろう。

 そもそも、松本くらいのポジションになれば、ジャニーズだろうがバーニングだろうが、何をいってもテレビ局から抑えこまれることはないはずだ。それを自主規制しておいて、自分がテレビの被害者のように語るのは、卑怯すぎないか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

松本人志「大手芸能事務所のタブー化」批判にバーニング所属のウェンツが涙目! でも松本も吉本に守られているんじゃ…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズダウンタウンバーニングワイドナショー本田コッペ松本人志の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
11 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
15 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
16 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
17 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 葵つかさが「松潤とは終わった」と
20 原発広告に文化人や芸能人が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画