>  >  > 2016年、サブカル論争&炎上7大事件簿

年末特別企画 リテラの2016年振り返り

フジロック、町山智浩、水道橋博士、BABYMETAL…2016年、サブカル論争&炎上7大事件簿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■事件その6
ロマン優光の著書をめぐり、町山智宏、水道橋博士、春日太一、吉田豪、サブカルオールスターの論戦が

 サブカルオールスターによるバトルロイヤル。その始まりは1冊の本だった。11月に出版された『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン)のなかで、ロマン優光はここ数年の町山智宏の起こした炎上騒動をあげ、〈サブカルおじさんの害〉と断罪。
 これに対し町山本人はゲスト出演したラジオ番組で「どうも、老害サブカルおじさんです」と自虐ギャグをかますといった反応程度にとどまるが、今度は本のなかで同時に俎上に上がっていた水道橋博士が〈当たり屋人生に責任をとってもらうよ〉とツイッターに投稿。ボヤがだんだんと本格的な火事になっていく。
 そしてそれに加わったのが、時代劇評論家の春日太一。まるで圧力で言論を封殺しようとしているかのような水道橋博士の厳しい言動に疑問を呈した。プロインタビュアーの吉田豪も同じような意見を投稿。どんどん泥仕合となっていく。
 この一連の騒動はその後、当事者同士の謝罪と炎上の再燃を繰り返した末、最終的にはロマン優光の著書に事実誤認があったことから、水道橋博士のもとにロマンと担当編集者が詫びを入れにいくところで幕が引かれたという。
 いったい何がテーマだったのか分からない論戦だったが、ただひとつはっきりしているのは、このサブカルおじさんによるプロレスに若手が入り込む余地はまったくなかった、ということだ。来年もサブカルは結局、このおじさんたち中心で回っていくのだろう。


■事件その7
秋元康の本質が出た二大炎上事件。ネオナチ騒動に女性差別。リテラには運営から恫喝メール

 秋元康のアイドルプロデュースは「あざとさ」ゆえに炎上がつきものだが、今年は笑っては済ませられない炎上事件が2つもあった。1つ目は今年の紅白歌合戦に初出場を決めた欅坂46の衣装がナチスの軍服に酷似していると指摘された問題。
 この類の指摘は大抵無視する秋元だが、ユダヤ系人権団体であるサイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)から謝罪を要求されるにいたり、ようやくコメントを出したわけだが、それは「ニュースで知りました。ありえない衣装でした」という現場スタッフに全責任をなすりつける、あまりにおざなりな対応だった。
 そしてもう1つはHKT48の楽曲「アインシュタインよりディアナ・アグロン」が女性蔑視であると指摘された騒動。〈難しいことは何も考えない 頭からっぽでいい〉などと歌わせるあんまりな内容の楽曲にネットは大炎上。いくつかのニュースサイトがこの内容を取り上げ、当サイトでも記事にしたわけだが、ここから有り得ない事態が起こる。
 歌詞の論評である本サイトの記事に対し、AKB運営会社であるAKSの法務部から、「名誉毀損及び侮辱罪が成立する」「即刻、記事を削除せよ」とのメールが届けられたのだ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
2 吹石一恵の音痴エピソード
3 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
4 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
5 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
6 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
7 デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
8 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
9 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
10 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
11 トランプ以前から米は日本を守る気ない
12 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
13 キムタク最大のタブーとは?
14 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
15 「不倫学」が教える防止策とは?
16 M1準優勝・ハリガネロック解散の真相
17 安倍政権が“国策映画”計画へ
18 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
19 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4安倍の共謀罪法案強行の裏に危険な意図
5トランプのマスコミ排除は日本でも
7原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
8デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
9アパホテルのトンデモ極右思想の正体
10安倍政権が“国策映画”計画へ
11SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
12今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
13メリルストリープの指摘は日本のことだ
14慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15安倍政権が国民を騙す「偽装改憲計画」
16『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
17政権が原発被害隠しにDASH村利用
18アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
19佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」