ASKA不起訴・釈放で警察の捜査ミスが明らかに! クロと決めつけASKAをいじり倒したマスコミも責任をとれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ASKA自身、逮捕前から「陽性は、ありません。100%ありません」と主張し、さらに逮捕後も「事実に反します。1回目の逮捕のあと、薬は見ていません。絶対やっていません」と一貫して容疑を否認。また警察が自宅や滞在先のホテルを捜索し、携帯電話やタブレット端末まで押収したにもかかわらず、覚せい剤という“ブツ”だけでなく、注射などの覚せい剤に関係する道具さえ一切見つからなかった。

 加えて1度目の逮捕の際、ともに逮捕された元愛人の覚せい剤に関する警察の鑑定も疑惑に満ちたものだった。元愛人は逮捕直後から一貫して容疑を否認したが、1回目の毛髪鑑定で陽性反応が出る。ところが2度目に行われた毛髪鑑定ではなぜか陰性が出たのだ。白黒が分かれた鑑定結果だったが、「1回でも陽性反応が出ればクロ」として、最後まで3回目の鑑定を行うことはなかった。

 そう考えると、今回のケースでは、そもそも微量の尿による本鑑定の陽性反応という結果さえ怪しいものであり、ASKAの2度目の逮捕ははっきり言って警視庁組織犯罪対策部5課による冤罪事件、誤認逮捕だ。

 今後、警察の捜査に対する検証が必要だし、またその責任を大きく問う必要がある。だが本サイトでもASKA逮捕前から疑問を呈してきたが、これまで“むちゃくちゃな”な報道を繰り広げたマスコミもまた、ASKA不起訴に対し、どう責任をとり、落とし前をつけるつもりなのか。

 実際、今回のASKA報道は逮捕前から異様としかいいようがないものだった。テレビ各局は先月28日午後2時半頃、逮捕状すら出てない段階にもかかわらず、警視庁のリークに乗っかって「ASKA元被告 逮捕へ」と一斉に報道。当のASKAが自分のブログで逮捕も覚せい剤の陽性反応も完全否定したが、ASKAの自宅前にマスコミが集結。午後10時前に警視庁に身柄確保の瞬間まで、あらゆるメディアで実況中継されるという事態に発展したのだ。

 その後もASKAが事実関係を否定し、物的証拠も出ていないのに、ASKAの言動をすべて覚せい剤中毒に結びつけ、あることないことを暴き立てた。不起訴の原因となった尿鑑定にしても「警視庁科学捜査研究所の本鑑定の精度は100%」などと警察の尾尻に乗って“クロ”の報道を繰り返した。そこには推定無罪という近代法の基本原則すらない。

 取材のやり方もルール無視のひどいものだった。フジテレビに至っては、ASKAが逮捕前に乗ったタクシーのドライブレコーダーを、タクシー会社から“強奪”した。また、ブログが異様だなどととりあげて、“おかしい言動を繰り返すASKAの逮捕前の様子”を見世物にしようとしただけだ。事件を煽り、視聴率を稼ぐために、である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ASKA不起訴・釈放で警察の捜査ミスが明らかに! クロと決めつけASKAをいじり倒したマスコミも責任をとれのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ伊勢崎馨警察の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
2 トランプ差別発言に有本香と玉川徹が
3 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
4 『永遠の0』は恐い!元特攻要員が批判
5 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
6 トランプ的どっちもどっち論横行の日本
7 吉永小百合が「9条は変えさせない」
8 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
9 綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
10 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 欅坂46平手欠席の背景にブラック労働
13 寂聴「憲法を汚した安倍は世界の恥」
14 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
15 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
16 幹部から新人までほとんどが商売右翼
17 水木しげるが描いた慰安婦「地獄だ」
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 「不倫学」が教える防止策とは?
20 ローラが所属プロと奴隷契約トラブルも
1吉川晃司が安倍の核禁止条約拒否を批判
2ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
3 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
4菅官房長官が壊れ始めた!トンデモ会見
5加計幹部が官邸訪問、安倍と下村が
6久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
7綾瀬はるかが毒ガス製造の元兵士を取材
8テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
9高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
10市原悦子が語る戦争と安倍政権への怒り
11長崎のメッセージも安倍には届かず!
12安倍応援団が発狂状態でメディア攻撃
13グアム北ミサイルは存立危機事態でない
14安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
15仲代達矢と桂歌丸が語った戦争体験
16手塚治虫が描いた戦争をいま読み直す
17閉会中審査、小野寺防衛相も隠蔽体質
18トランプ的どっちもどっち論横行の日本
19極右丸出し”日本ファースト”は小池命名
20幹部から新人までほとんどが商売右翼
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」