百田尚樹が『海賊と呼ばれた男』映画宣伝から外された本当の理由 ついに安倍首相にも見放され…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 また、同作の制作委員会に名を連ねる日本テレビの『NEWS ZERO』で特集されたときも、番組は百田について一言も触れることはなく、かろうじて原作の文庫本を映したときに名前が映り込んだだけという“黙殺”ぶりだった。

 これは、『永遠の0』公開時と比較すると隔世の感がある。『永遠の0』が公開されたのは2013年12月だったが、このとき百田は岡田といっしょに人気バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)にゲスト出演するなど積極的にプロモーションに参加していたし、“原作はあの百田尚樹!”と全面的に打ち出していたからだ。
 
 ジャニーズと肩を並べてトークするスター作家から一転、モブキャラの如き存在へ──。この落差に本人が腹立たしく思ったり、落ち込む気持ちは、まあわからなくもない。わからなくもないが、当人は気付いていないようなので一言忠告しておきたい。それは、「身から出たサビ」のせいであり、「自業自得」だろうよ、と。

 百田が述べているように、「この三年くらい」のあいだに、氏にはじつにいろいろなことがあった。でも、百田が主張する「朝日新聞などのマスコミが極右やネトウヨとイメージキャンペーンをしたから」というのは滑稽至極である。

 たしかに朝日新聞は、百田の『永遠の0』や『海賊と呼ばれた男』、有川浩の自衛隊小説などを「右傾エンタメ」として考察したことがある。

 そもそも「右傾エンタメ」というのは、作家の石田衣良が山本周五郎賞の選考会で発したものだが、朝日新聞が「右傾エンタメ」と評したのは、2013年6月18日のこと。当時、百田も〈とうとう朝日新聞がネガティブキャンペーンをやりだしたか〉〈『日本人の誇りを失うな』と主張した小説は、朝日新聞には『右傾化小説』とレッテルを貼られるわけか〉などと反論していたが、一方百田は同時期に『情熱大陸』(TBS系)に出演、朝日の記事が掲載されたあとも『世界一受けたい授業』(日本テレビ)に“先生”として出るわ、作家が出演することなどほとんどないお昼の主婦向けバラエティ『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ)でご機嫌な様子でサイコロを振って小堺一機とトークをするわで、“おしゃべりな人気小説家”としてテレビからも引っぱりだこ。残念ながら朝日新聞の批評は百田の“名声”に何の影響ももたらさなかった。だいたい、当の朝日新聞は映画『永遠の0』の制作委員会に名を連ねていたのである。

 しかも、同年11月には、安倍首相が百田をNHK経営委員に抜擢。もともとふたりは親密な関係にあったが、公職にまで就かせるというかたちで百田人気を利用するほどだった。

 小説はバカ売れ、映画は大ヒット。その上、首相までもがファンだと公言し、立派な肩書きまでついた。そうして認知度も人気も高まったところで、しかし百田は“悪目立ち”するようになってゆく。その最初は2014年2月、都知事選に立候補した田母神俊雄の応援演説で他候補のことを「人間のクズ」呼ばわりした件だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

百田尚樹が『海賊と呼ばれた男』映画宣伝から外された本当の理由 ついに安倍首相にも見放され…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。大方 草百田尚樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加戸とネトウヨがわめく報道特集デマ
2 松居一代報道にホリプロが圧力!
3 青山繁晴が閉会中審査でデマ質問!
4 横浜市長選で問われる第二の家計問題
5 安倍が秘書官と今治市の面会を隠ぺい
6 自衛隊日報隠ぺいに安倍と官邸も関与か
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 相模原事件から1年、事件の背景を問う
9 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
10 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
11 安倍は加計の新学部を自ら発案していた
12 青山繁晴が森友問題で晒した嘘と醜態!
13 安倍首相が閉会中審査でも大ウソ!
14 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
15 神社本庁の不動産取引と「皇室」疑惑
16 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
17 ネトサポの親玉が愛人に告発された
18 ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
19 稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
20 安倍首相の体調悪化は本当なのか?
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1自民党HIPHOPポスターに怒りの声
2安倍は加計の新学部を自ら発案していた
3横浜市長選で問われる第二の家計問題
4室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
5安倍首相が閉会中審査でも大ウソ!
6日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
7安倍が秘書官と今治市の面会を隠ぺい
8山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
9自衛隊日報隠ぺいに安倍と官邸も関与か
10坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
11ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
12松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
13稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
14青山繁晴が閉会中審査でデマ質問!
15『4時ですよーだ』Pが松本の変節批判
16安倍首相の体調悪化は本当なのか?
17松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
18有田芳生が蓮舫戸籍公開問題に緊急寄稿
19神社本庁の不動産取引と「皇室」疑惑
20ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」