AV出演強要を告白した人気女優・香西咲が“枕営業”強制の事実も告発! この機に乗じて捜査当局のAV取締の動きも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kozaisaki_160713.jpg
「エスワンナンバーワンスタイル」公式サイトより


 先月11日、大手AVプロダクション・マークスジャパンの元社長ら3人が、契約している女性にAV出演を強要したとして逮捕された事件を皮切りに社会問題化したAV業界の出演強要問題。

 アダルトビデオ作品への出演であることを隠しながら「グラビアモデル」として契約書にサインさせ、その後、脅しをかけてAVへの出演を迫る。業界内ではこのような問題が頻繁に起きていることをNGO団体のヒューマンライツ・ナウも以前から指摘しており、AVに出演する女性たちの人権をどう守っていくかについての議論はかねてより交わされていた。

 そんななか、マークスジャパンの元社長らの逮捕が報道され、内閣府も「AV出演強要についての実態把握に努める」との答弁を閣議決定。今後、さらなる実態が解明されていくだろう。

 その最中、先週発売された「週刊文春」(文藝春秋)16年7月14日号では、人気AV女優の香西咲氏が、自身もAVデビュー時に出演強要にあっていたと告白し、話題となった(外部リンク:「週刊文春デジタル」)。

 彼女が出演強要の被害にあったきっかけは、五反田でAVとは無関係を装ったスカウトから声をかけられたことだった。もともとレースクイーンやモデルとして活動していたものの、所属事務所が解散してしまいフリーの状態だった香西氏はそのスカウトの話を聞くことに。

 そこで紹介されたのが、投資会社という触れ込みのマークスインベストメント・青木亮社長だった。それから青木氏と香西氏は「面談」と称して週に1回90分から2時間ほど、香西氏の将来について話し合いの機会をもつことになるのだが、それは「面談」ではなく「洗脳」そのものだった。

 雑貨屋をつくることが香西氏の夢だと聞いた青木氏は、「ビジョンブック」なる、目標やそれを叶えるためにするべきことを書き出したノートを10冊以上つくらせながら、自分の考えを彼女に刷り込ませていく。

 その考えとは、話題性のある女社長となるために、まずはタレントとして有名になるべきだというもの。そして彼は、「これからは中国だ。そして中国で最も人気があるのは「セクシー女優」だ」「モニカ・ベルッチやシャロン・ストーン、日本ならば土屋アンナや菅野美穂、みんな脱いで成功した」「目的のためなら手段を選ぶな」などと話し、香西氏を「洗脳」していった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

AV出演強要を告白した人気女優・香西咲が“枕営業”強制の事実も告発! この機に乗じて捜査当局のAV取締の動きものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。洗脳田中 教週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも