小島慶子が専業主夫の夫に「あなたは仕事してないから」と口にした過去を懺悔!“男は仕事すべき”価値観の呪縛の強さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
fujiyu_160703.jpg
『不自由な男たち──その生きづらさは、どこから来るのか』(祥伝社)

 男性週刊誌で毎号のように大きく取り扱われている「死ぬまでセックス」特集。年をとっても元気なのはいいことだが、この元気は、実は、男たちの抱える「不自由さ」の裏返しではないか──。

 そんなふうに分析するのは、元TBSアナウンサーの小島慶子氏だ。小島氏は男性学を専門とする武蔵大学社会学部助教授・田中俊之氏との対談本『不自由な男たち──その生きづらさは、どこから来るのか』(祥伝社)のなかで、こんなことを語っている。

「やはり、代償行為ではないのでしょうか。定年後、アディクトする対象である仕事がなくなり、その分をセックスに肩代わりさせている。六十になっても、七十になっても、八十になってもと……。本当にセックスがしたいわけではないんじゃ?」

 男は学校を出てから40年間フルタイムで働き続け、会社に滅私奉公するのが当然──現在でもこの価値観は「こうでなければならない」と日本の男性を縛り続けている。そうして生まれる悲劇が、家事も育児も妻に任せ、趣味も仕事以外の生き甲斐もなく、いざ定年を迎えたらもう何をしたらいいか分からず抜け殻のようになってしまうというもの。その結果、定年後になってセックスに拠り所を見出すことになってしまうのだ。

 小島氏がこのような考えをもつようになったのは、自分の経験が大きく影響している。というのも、彼女自身がそのような人生を歩みかけていたからだ。しかし、それは出産を機に変わる。子どもが産まれてから、人生における最優先事項は仕事から育児に変わった。その価値観の大変革は非常に大きいものであったと言う。

「私がかつて勤めていた会社は制度的に恵まれていましたし、夫も家事・育児をする人だったけど、やはり子どもを産むと仕事のペースを落とさざるを得ませんでした。アナウンサーでしたから、出演も減ります。
 すると電話の取次ぎや補助的な仕事もしますし、社内では「あいつも終わったな」というように言われます。自分が「脇道に入ったな」という思いもあったのですが、いやいや「私は人の命を預かっているのだ。仕事上の私の代わりはいるけれど、代わりがいないという意味でどちらが重要かといえば、今の私にとっては育児の仕事だ」と考えることにしました。
 私は仕事にやりがいを感じていましたし、結果を出すことをあんなに重視していたけれど、それは実はそんなに大事ではない、と思えたんです。完全に頭の構造が変わって、洗脳が解けたようでした。すると、同じ職場に通いながらも完全に見える風景が変わってきます。「仕事は人生そのものではなく、あくまでお金を稼ぐためのもの」という感じ。それでいいんです。他の人に押しつけるのでなければ。
 女の人の場合はこうした経験をせざるを得ない。仕事一筋の男の人は定年まで経験しない。そんなの不自然ですよね。これから育児をする男の人は、働きながら育児もして、こうした価値観が変わる体験をしていくでしょう。昨日まで何より大事な最優先事項だったことが、今日からは三番目か四番目になる、そのクライシスを自ら決断して乗り越えていく経験をするんです。これは将来「自由になる」ために、とても大事な訓練だと思います」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

不自由な男たち その生きづらさは、どこから来るのか

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 前川問題で大恥、読売の政権広報紙ぶり
2 官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
3 カンニング竹山、村本も共謀罪に反対
4 NEWS手越と金塊事件容疑者が…
5 文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
6 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
7 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 阿川佐和子結婚手記に不倫略奪婚は?
12 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
13 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
14 空中分解KAT-TUNの暴露本が出版
15 加計に利権独占させた安倍政権の手口
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
17 キャラ弁ブームの裏に潜む“母親圧力”
18 安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
19 秋篠宮家の料理番がブラック告発
20 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
PR
PR
1松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
2文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
3『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
4官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
5共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
6安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
7加計学園「総理の意向」文書は本物!
8佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
9加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
10文科省前次官の醜聞はやはり官邸の謀略
11 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
12官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
13室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
15加計に利権独占させた安倍政権の手口
16共謀罪強行採決もまだ希望はある!
17室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
18ガンダム“生みの親”が安倍首相批判!
19国連報告者から安倍に共謀罪批判文書
20水木しげるが50年前に書いた文章が発掘
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」