大橋巨泉が臨死の床で綴った“最後の遺言”「安倍晋三に一泡吹かせて下さい」しかしテレビは巨泉の思いを一切報じず…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

〈何故戦争がいけないか。戦争が始まると、すべての優先順位は無視され、戦争に勝つことが優先される。昔から「人ひとり殺せば犯罪だけど、戦争で何人も殺せば英雄になる」と言われてきた。
 特に日本国は危ない。民主主義、個人主義の発達した欧米では、戦争になっても生命の大事さは重視される。捕虜になって生きて帰ると英雄と言われる。日本では、捕虜になるくらいなら、自決しろと教わった。いったん戦争になったら、日本では一般の人は、人間として扱われなくなる。
 それなのに安倍政権は、この国を戦争のできる国にしようとしている。
(中略)
 ボクらの世代は、辛うじて終戦で助かったが、実は当時の政治家や軍部は、ボクら少年や、母や姉らの女性たちまで動員しようとしていた。11、12歳のボクらは実際に竹槍(たけやり)の訓練をさせられた。校庭にわら人形を立て、その胸に向かって竹槍(単に竹の先を斜めに切ったもの)で刺すのである。なかなかうまく行かないが、たまにうまく刺さって「ドヤ顔」をしていると、教官に怒鳴られた。「バカモン、刺したらすぐ引き抜かないと、肉がしまって抜けなくなるぞ!」
 どっちがバカモンだろう。上陸してくる米軍は、近代兵器で武装している。竹槍が届く前に、射殺されている。これは「狂気」どころか「バカ」であろう。それでもこの愚行を本気で考え、本土決戦に備えていた政治家や軍人がいたのである。彼らの根底にあったのは、「生命の軽視」であったはずである〉

 このように巨泉氏は、いかなる戦争も個人の尊厳を破壊するものとして一貫して反対する姿勢を貫き、「戦争のできる国」作りを画策する安倍政権に対し批判を続けてきた。その姿勢は、病に倒れた後も決して変わることはなかったのだ。

 大橋巨泉が集中治療室に入り、長らく続けられていた「週刊現代」の連載が終了したことは各テレビ局でも大きく報道された。しかし、巨泉氏が最も伝えたかった〈安倍晋三の野望はおそろしい〉〈選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい〉というメッセージを放送した番組はひとつたりともなかった。巨泉氏が危惧していたメディアの萎縮は残念なことにここでも起きてしまったのだ。

〈書きたい事や言いたい事は山ほどある〉
〈このままでは死んでも死にきれない〉

 と自身でも綴っているように、現在の閉塞した言論状況にあって巨泉氏は貴重なリベラル論客であり、まだまだ語ってほしいことがたくさんある。巨泉氏の「最後の遺言」を胸にきざむと同時に、なんとか回復しまた舌鋒鋭い批判を繰り出してくれる日が訪れることを祈りたい。
(新田 樹)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

大橋巨泉が臨死の床で綴った“最後の遺言”「安倍晋三に一泡吹かせて下さい」しかしテレビは巨泉の思いを一切報じず…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 横浜市長選で問われる第二の家計問題
2 安倍首相の体調悪化は本当なのか?
3 山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
4 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
5 秋元康がまた女性蔑視!町山も激怒
6 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
7 フジ特番が触れなかった津山事件の真相
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 自民党HIPHOPポスターに怒りの声
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
12 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
13 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
14 稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
15 中居ジャニーズ残留とキスマイ
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
18 産経が「ユダヤ」に全面降伏した理由
19 前次官会見で田崎スシローが失笑発言
20 日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1安倍訪問中止の意図を予定国大使館がRT
2青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
3沖縄いじめの一方、AKB総選挙に国費
4自民党HIPHOPポスターに怒りの声
5閉会中審査で自民党が前川から返り討ち
6室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
7青山繁晴が教祖化、伝説とアート
8室井佑月と小林節が安倍改憲案を批判
9日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
10横浜市長選で問われる第二の家計問題
11山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
12坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
13ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
14松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
15稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
16安倍が「男たちの悪巧み」仲間を参与に
17山本地方創生相がお友だちの強制調査に
18『4時ですよーだ』Pが松本の変節批判
19松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
20共謀罪施行、始まっている警察の監視体制
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」