「ネット上に流した情報は永遠に残る」は本当? サイト管理者が亡くなってしまった「故人サイト」は、その後どうなってしまうのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kojinsite_01_160125.jpg
『故人サイト 亡くなった人が残していったホームページ達』(社会評論社)

「インターネット上に流した情報は永遠に残り続ける」

 インターネット上に流れた書き込み、個人情報、写真などは、いったん拡散されてしまうと、後から消すことは困難を極める。近年は「デジタルタトゥー」という用語も一般に普及するようになり、本稿冒頭にあげたような言葉が盛んに用いられている。

 ただ、この「インターネット上に流した情報は永遠に残り続ける」という考え方、実は、半分は正しいが、半分は誤りだ。確かに、「バイトテロ」や「ハメ撮り」のような不用意に撮った(撮らせてしまった)写真などは、拡散に拡散を重ね、長い期間ネット上に残り続けてしまうかもしれない。

 しかし、あなたがいま一生懸命書いているブログなどは、もしもあなたが死んでしまったら、数年で消えてしまうか、もしくは卑猥な言葉などが書き連なるスパム広告で汚れてしまうかもしれない。それがどんなに良い内容のブログであろうとも……。

 墓守がいなければお墓は雑草まみれになって荒れ果て、やがては朽ち果ててしまうように、サイトも放置され誰も管理する人がいなければ同じような状態になってしまうのだ。

 管理者が亡くなってしまったサイトというのはその後どのような道をたどるのか。管理者が故人となってしまっている103ものサイトを紹介し、各々のサイトの成り立ちや経緯などをまとめた労作『故人サイト 亡くなった人が残していったホームページ達』(古田雄介/社会評論社)には、管理者がいなくなってしまったサイトはどのような運命をたどるのかが解説されている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

故人サイト 亡くなった人が残していったホームページ達

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
2 松本人志が森友問題から逃げた!
3 「小林多喜二を政治利用するな」の炎上
4 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
5 松井知事が森友認可前に私学課に圧力?
6 春樹『騎士団長殺し』の南京虐殺記述に
7 橋下後援会長の息子と籠池と元在特会
8 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
9 昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
10 籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
11 安倍が自衛隊を私兵扱い、皇軍化計画も
12 安倍100万円振込票と長女の目撃証言
13 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
14 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
15 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
16 森友学園疑惑で古市憲寿と田崎史郎が
17 迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
18 上西小百合の毒舌ツイートがすごい!
19 “第二の森友学園”関係者を最高裁判事に
20 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
PR
PR
1籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
2福島原発事故の主犯は安倍晋三だ!
3小籔千豊「教育勅語は悪くない」は無知
4福島飯舘村からの悲痛な叫びを報ステが
5安倍の南スーダンPKO撤収の姑息な裏
6安倍首相の3.11会見打ち切りの冷酷
7籠池理事長が「安倍首相から100万円」
8籠池理事長の豹変の裏に官邸からの圧力
9籠池理事長が稲田朋美との関係を証言
10安倍100万円振込票と長女の目撃証言
11甲状腺がん「原発と関係ない」に反論!
12教育勅語復活論者の現代語訳はニセ物だ
13迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
14籠池理事長が反撃動画で安倍、稲田に
15安倍応援団の情報操作に騙されるな!
16“第二の森友”安倍と加計学園の新疑惑
17“第二の森友学園”関係者を最高裁判事に
18安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
19森友で橋下と松井が国の圧力暴露も…
20昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」