>  >  > 海外特派員が安倍の報道圧力を批判!

海外メディアの特派員たちが安倍政権の報道圧力と権力に飼いならされた日本の報道機関に警鐘を鳴らす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
abe_150904_top.jpg
自由民主党HPより


 日本国内の報道が危機に瀕している。安倍政権は政権批判を封じ込めるために圧力をかけ、萎縮したマスコミは“自主規制”によって権力に不都合な事実を伝えない。

 ところが、そんな状況下でありながら、日本国内の危機意識は薄い。報道への圧力を「反日サヨクの妄想」と連呼するネトウヨはともかく、メディア関係者の中にも「政権からの圧力などありえない」「陰謀論だ」と冷笑する者が多数いることに愕然とさせられる。

 どうやら彼らは、現実問題として、海外で日本のメディアがどう位置付けられているかを知らないらしい。

 たとえば先日、本サイトは、国連からの命で安倍政権の報道圧力についての調査に乗り出した報告者を日本政府が拒絶した問題をお伝えした。すると1月10日、元・米「ニューヨーク・タイムズ」東京支局長であるマーティン・ファクラー氏が、その本サイト記事『安倍政権の“報道への圧力”全事件簿』(リンク)をリツイートし、拡散。安倍政権の圧力で報道の自由がますます狭められている日本の現状に警鐘を鳴らしたのだ。

 実際、海外の特派員は、権力や巨大利権共同体による報道圧力、それにいとも簡単に屈してしまう日本のジャーナリズムを、非常に厳しい目でみているようだ。

 昨年、「世界」(岩波書店)15年11月号が「海外特派員が見た 安倍政権・安保法案・日本のメディア」という座談会記事を組んだが、これを読むと、そのことがよくわかる。

 中野晃一・上智大学国際教養学部教授を司会に語り会うのは、前述のファクラー氏と、英「エコノミスト」記者であるディビッド・マックニール氏。ともに特派員として長年日本で取材を続けてきたジャーナリストである。

 興味深いのは、ふたりとも“安倍政権になって海外メディアで日本についての記事が増えている”と指摘していることだ。とくに慰安婦問題についての日本のメディア報道に対する発言は痛快ですらある。

「ある意味で、私は安倍さんに感謝したい。彼は歴史問題、とくに『慰安婦』問題についてよく発言するから、それに呼応して記事が増えざるをえないわけです」(マックニール氏)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 竹田恒泰が生前退位、女性天皇で妄言
2 ポストが有吉母に結婚、妊娠を直撃
3 NHKで解説委員が反乱、原発批判を
4 いとう、アジカン後藤の”音楽と政治”論
5 たけしが道徳教育を徹底批判
6 夏目の事務所が有吉の子妊娠報道に圧力
7 高畑と同根?千原がキム兄と女性暴行
8 キムタク最大のタブーとは?
9 曽野綾子も野田聖子に障がい者ヘイト
10 梅沢富美男が高畑事件で女性蔑視発言
11 リオで椎名林檎が五輪批判の舞台音楽を
12 SMAP解散報道のタブーにミタパンが
13 SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない
14 草なぎ剛のお相手はあの人との仰天説
15 SMAPファンがジャニーズの嘘を暴露
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 林真理子がなんとキムタク批判!
18 不祥事の背後に警察のパワハラ体質!
19 秋篠宮家の料理番がブラック告発
20 井筒監督がマスコミの差別意識を暴露!
PR
PR
1日本の恥!リオ閉会式で安倍が政治宣伝
2NHKがピーコの戦争批判をカット!
3井筒監督がマスコミの差別意識を暴露!
4片山さつきが貧困女子高生を卑劣攻撃
5大嘘つき!安倍がオバマの核軍縮を妨害
6安倍のワシントンポスト報道否定は大嘘
7いとう、アジカン後藤の”音楽と政治”論
9SEALDs解散!奥田愛基インタビュー
10リオで椎名林檎が五輪批判の舞台音楽を
11甘利明事件潰しの法務官僚が事務次官に
12天皇生前退位でよしりんvs日本会議
13沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
15小池百合子にも政治とカネの重大疑惑
16安倍政権の外国人実習制度で失踪者続出
17宇多丸が「大本営発表はいまの問題だ」
18鶴保庸介沖縄北方相が元妻にモラハラ!
19梅沢富美男が高畑事件で女性蔑視発言
20竹田恒泰が生前退位、女性天皇で妄言
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」