合唱コンクール課題曲を生んだセカオワSaoriのいじめ体験…ランドセルに死ねの文字、そしてFukaseの救い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sekainoowari_01_151012.jpg
SEKAI NO OWARI「Dragon Night」(トイズファクトリー)

 本日、第82回NHK全国学校音楽コンクール、いわゆるNHK合唱コンクールの中学校の部が行われた。中学校の部の今年の課題曲「プレゼント」は、セカオワことSEKAI NO OWARIが手がけたもの。Saoriが作詞、NAKAJINが作曲を担当した。

 セカオワといえば十代からの支持が高いことで知られるが、実際コンクール会場で、参加した中学生たちもこの「プレゼント」への思い入れを口々に熱く語っていた。
 
 SEKAI NO OWARIも、この曲に込めた思いをこんなふうに語っている。

「中学生くらいのときは僕らも『この悩みはいつ解決するんだろう』と苦しんだこともありました。そのときのことは大人になっても忘れないし、すごく糧になっています。まだ今はつらい気持ちを抱えている人もいるかもしれないけど、この『プレゼント』という曲がみなさんにとって一生の宝物みたいな曲になればいいなと思います」

 なかでも作詞を担当したSaoriは、コンクール中継のなかで、かつて自分が中学生だったころ生きづらかった経験や、自分たちも同じ中学校の仲間だったことを語り、「中学生の自分にあげたい曲」を作ったと明かした。

 十代のSaoriが抱えていた生きづらさ。本サイトでも以前お伝えしたが、実はSaoriは、かつていじめられっ子だったことを告白している。

 たとえば、課題曲のサビにある「ひとりぼっちになりたくない」と本当は言いたいけれど言えない気持ちや、「ひとりぼっちになって気づいたこと」。そうした歌詞の背景には、インタビューで告白した「友だちなんて永遠にいらないと思っていた」という十代のSaoriの心情や、Fukaseとの出会いで変わっていた経験があると思われる。

 Saoriが経験した壮絶ないじめ、そして彼女を救ったFukaseの言葉とは? 以下に再録するのでご一読いただきたい。
(編集部)

********************

 昨年末の『NHK紅白歌合戦』に出演し、今年1月に発売したニューアルバム『Tree』がオリコン1位を獲得するなど、人気拡大中のバンド・SEKAI NO OWARI(以下、セカオワ)。キャッチ—なメロディと独自の世界観を表現したライブ演出、そして聴く人の内面に入り込む歌詞が若い世代を中心に支持されている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

SEKAI NO OWARI―世界の終わり

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

合唱コンクール課題曲を生んだセカオワSaoriのいじめ体験…ランドセルに死ねの文字、そしてFukaseの救いのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。いじめ教育編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
14 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
15 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
16 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 財務次官セクハラが海外メディアでも
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
16上念司もケントと同様、加計の客員教授
17セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
18羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした