シリーズ■安倍晋三の問題は政治性でなく人間性だ!

母親に弟より愛されたい! 安倍首相の岸信介、改憲への拘りは「マザコン」の現れ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

abekakeizu_01_150326.jpg
安倍家と岸家の関係略図 信夫は養子に出されている

 周知のように、岸家という名門一族は、その血を継承するために、養子縁組を繰り返し行ってきた。

 信介は旧萩藩士で島根県令をつとめた曾祖父を持つ名門・佐藤家に生まれた。その後、15歳のときに同じ士族で父の実家である岸家の養子となり、佐藤信介から岸信介と改姓する。実弟は佐藤家を継ぎ、その後、兄と同じく総理に登りつめた佐藤栄作だ。

「岸・佐藤家の名門一族が、その血脈を絶やさぬために養子縁組が繰り返され、一族の結束が図られてきたのである」 

 それは岸信介以降の代も同様だった。岸信介の娘である洋子は安倍家に嫁ぎ、岸家は長男である信和が継いでいる。しかし信和は子どもを授かることはなく、政治の世界にはなじめなかったため、政治家にはならず実業の世界へ入った。

 一方、安倍家に嫁いだ洋子には3人の子どもができた。長男・寛信、次男・晋三、三男・信夫だ。そして洋子は自分の産んだ三男を生後すぐ、岸家を継いだ兄夫婦へ養子に出したのだ。

「洋子さんは昔から、岸の血筋、つまり本家筋を絶やさないようにすることが最大の関心事だった。晋太郎さんとの間に生まれた信夫さん(元外務副大臣)を、産んですぐに自身の兄である岸信和さんの養子に出すことを決めたのも洋子さんです」(晋太郎の元番記者のコメント 同書より)

 そして、洋子の岸家へのこだわりの集大成といえるのが、信夫の出馬だった。参院選を1年後に控えた2003年夏、それまで岸信介に直系の後継者・信夫がいることさえ伏せられていたが、洋子は支援者に対して、本人に代わり実の息子、信夫の出馬を表明している。関係者は一様に驚いたというが、もちろん出馬は洋子の意志が大きかった。

「岸信介が八七年に死去した後、後継者となるべき岸の直系は出ていない。十六年の空白を経て後継者に名乗り出たのが、岸信介の直系の孫・信夫だったのである。洋子にしてみれば、信夫こそ岸家の血の復興を託す子だったのだろう」

 しかし洋子の血脈への執着は、確実に一族に暗い影を落とした。というのも信夫の養父母である岸信和夫妻は息子の出馬の相談すらされていなかったからだ。養父母は「あなたは政治家にならないと言っていたのではないですか」と信夫を責め立てた。そして実は洋子と養母・仲子との間にはそれ以前から確執があったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

母親に弟より愛されたい! 安倍首相の岸信介、改憲への拘りは「マザコン」の現れ!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍昭恵安倍晋三家族岸信介改憲野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
2 高プロ法案の強行採決を許すな!
3 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
4 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
5 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
6 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
9 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
10 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
16 愛川欽也が「安倍に殺される」と
17 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
18 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5安倍の加計との面会否定が信じられない理由
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
10麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
11 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
12のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
13日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
20柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ