出会い系売春で生き延びるしかない シングルマザーの過酷な実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
warikiri_140810.jpg
『彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力』(荻上チキ/扶桑社)

 女性の貧困が社会問題化している。2011年には国立社会保障・人口問題研究所が「20歳から64歳の単身女性の3人に1人が貧困」「19歳以下の子どもがいる母子家庭では貧困率は57%」という衝撃の調査結果を公表し話題になったが、その後も女性の貧困は改善されるどころかますます加速している。
 そんな“ガールズプア”に呼応するように増えているのが「性風俗で働く母親たち」の存在だ。NHK『あさイチ』でも「性風俗は特殊ではなく母親にとっても身近な存在」「貧困にあえぐ母親のセーフティーネットになっている」と働く風俗ママを特集内で紹介し、大きな反響を呼んだことは記憶に新しい。
 だが、性を売る母親は何も風俗で働いている女性だけではない。“管理された”風俗店とは別に、個人的に性を売る “ワリキリ(割り切り)”にも母親が数多く存在するという。ワリキリは路上で客を引く“たちんぼ”とは異なり、出会い系サイトや出会い喫茶、テレクラなど出会い系メディアを媒介とし売春を行うことだが、90年代のエンコー(援助交際)を経て、2000年代に入って“ワリキリ”、または“ワリ”と称されるようになったものだ。

『彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力』(荻上チキ/扶桑社)は、ワリキリで生計を立てる女性100人以上にインタビューしたフィールドワークの著だが、そこには当然のように母親たちも登場する。
「2011年に取材した女性100人のうち、子どもがいるという女性は14人。そのうち4人がバツイチのシングルマザー、1人が現在離婚調停中で、8人が未婚のシングルマザーだった」(同書より)
 風俗店以外でも子どもを抱え売春で生計を立てる女性、特にシングルマザーの多さには驚かされるが、彼女たちのワリキリは切実だ。
 まずは4歳の息子を抱えるバツイチシングルマザー、リオのケースを紹介したい。リオは固定のワリキリ客を10人ほど持ち、その間毎日のように出会い喫茶に通って新規顧客を開拓している。ワリキリ料金は通常1万5千円から3万円ほどで、リオの場合毎月の収入は40万円ほど。その収入は「子どもの将来のため」ほとんどを貯金しているという。
 以前は風俗店で働いていたというリオだが、それを辞めた理由は「子どもがいるから」だという。
「ワリキリなら、自分の都合に合わせて時間を決めることができる。子どものために貯金をしているのに、一定時間を拘束されてしまう風俗は、割に合わないと感じた」(同書より)
 確かに理にはかなっている。しかも出会い喫茶なら風俗のように店にバックマージンを取られないし、好きな時間に働ける。また、相手を自分で選べるし、サービスの質や値段を決められる。誰の干渉を受けることもなく “自由”だ。もちろん身の危険などのトラブルなどリスクもあるが、母親である彼女たちにとって、子どもに合わせて働けるワリキリは風俗店よりも合理的だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

出会い系売春で生き延びるしかない シングルマザーの過酷な実態のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひとり親家族貧困の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画