出会い系売春で生き延びるしかない シングルマザーの過酷な実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
warikiri_140810.jpg
『彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力』(荻上チキ/扶桑社)

 女性の貧困が社会問題化している。2011年には国立社会保障・人口問題研究所が「20歳から64歳の単身女性の3人に1人が貧困」「19歳以下の子どもがいる母子家庭では貧困率は57%」という衝撃の調査結果を公表し話題になったが、その後も女性の貧困は改善されるどころかますます加速している。
 そんな“ガールズプア”に呼応するように増えているのが「性風俗で働く母親たち」の存在だ。NHK『あさイチ』でも「性風俗は特殊ではなく母親にとっても身近な存在」「貧困にあえぐ母親のセーフティーネットになっている」と働く風俗ママを特集内で紹介し、大きな反響を呼んだことは記憶に新しい。
 だが、性を売る母親は何も風俗で働いている女性だけではない。“管理された”風俗店とは別に、個人的に性を売る “ワリキリ(割り切り)”にも母親が数多く存在するという。ワリキリは路上で客を引く“たちんぼ”とは異なり、出会い系サイトや出会い喫茶、テレクラなど出会い系メディアを媒介とし売春を行うことだが、90年代のエンコー(援助交際)を経て、2000年代に入って“ワリキリ”、または“ワリ”と称されるようになったものだ。

『彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力』(荻上チキ/扶桑社)は、ワリキリで生計を立てる女性100人以上にインタビューしたフィールドワークの著だが、そこには当然のように母親たちも登場する。
「2011年に取材した女性100人のうち、子どもがいるという女性は14人。そのうち4人がバツイチのシングルマザー、1人が現在離婚調停中で、8人が未婚のシングルマザーだった」(同書より)
 風俗店以外でも子どもを抱え売春で生計を立てる女性、特にシングルマザーの多さには驚かされるが、彼女たちのワリキリは切実だ。
 まずは4歳の息子を抱えるバツイチシングルマザー、リオのケースを紹介したい。リオは固定のワリキリ客を10人ほど持ち、その間毎日のように出会い喫茶に通って新規顧客を開拓している。ワリキリ料金は通常1万5千円から3万円ほどで、リオの場合毎月の収入は40万円ほど。その収入は「子どもの将来のため」ほとんどを貯金しているという。
 以前は風俗店で働いていたというリオだが、それを辞めた理由は「子どもがいるから」だという。
「ワリキリなら、自分の都合に合わせて時間を決めることができる。子どものために貯金をしているのに、一定時間を拘束されてしまう風俗は、割に合わないと感じた」(同書より)
 確かに理にはかなっている。しかも出会い喫茶なら風俗のように店にバックマージンを取られないし、好きな時間に働ける。また、相手を自分で選べるし、サービスの質や値段を決められる。誰の干渉を受けることもなく “自由”だ。もちろん身の危険などのトラブルなどリスクもあるが、母親である彼女たちにとって、子どもに合わせて働けるワリキリは風俗店よりも合理的だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

出会い系売春で生き延びるしかない シングルマザーの過酷な実態のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ひとり親家族貧困の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
2 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
3 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
4 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
5 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
6 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
7 NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
8 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
9 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
12 須藤凜々花の消された暴露トーク
13 卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
14 水道橋博士が安倍首相批判で大炎上!
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 沖縄に大量の核兵器が配備されていた
17 テレビ批判・石橋貴明とフジ日枝会長の仲
18 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
19 韓国コネ糾弾番組で一茂、ミタパンが
20 水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5官製映画会社が22億円の公金をドブに
6卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
7青山繁晴「今週、戦争が始まる」と錯乱
8財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
9歴史教科書圧力問題の背後に日本会議
10トランプが安倍に武器を押し売り
11 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
12 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
13西村京太郎「日本に現代戦は無理」
14安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
15NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
16ウーマン村本の反戦に上念がトンデモ説教
17原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
18沖縄に大量の核兵器が配備されていた
19安倍自民党はデマ拡散議員だらけ
20再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」