京大院生がキャバ嬢体験を論文に! キャバ嬢の“病み”の原因とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kyabajou_01_140801.jpg
『キャバ嬢の社会学』(星海社新書)

 数年前、女子高生のなりたい職業ナンバーワンに「キャバクラ嬢」が躍り出て世の中を騒然とさせたことがあった。ドレスで着飾り、頭を“盛る”スタイルがギャル文化とマッチしたことが大きかったと思うが、現在においても大学生やフリーターにとってキャバ嬢人気は決して低くない。それはやはり、華やかな気分に包まれつつ手軽にアルバイト感覚で高収入を得られると思われているからだろう。

 しかし、“アルバイト感覚のキャバ嬢なんてちょろい”と本気で考えているとしたら、大間違いだ。少し前、同志社大学から京都大学大学院に進学した超高学歴女子大生が自らの体験をもとに、キャバクラ論を出版したのだが、これを読むと今まであまり語られなかったキャバ嬢という仕事の難しさが伝わってくる。

 問題の本は『キャバ嬢の社会学』(星海社新書)。著者の北条かやは当時、22歳の「垢抜けないガリ勉」女子大生だった。援交やセックスに興味はあるけれど、潔癖で「若い女」のメリットを享受する周囲の女性に懲罰意識を持ち、そしてキャバ嬢を差別していた。そんな北条が大学院に進学が決り、突如キャバ嬢になることを決心する。「性の商品化」に興味を持ち、修士論文のテーマにしようと思ったからだ。

 だが、こうしてキャバ嬢になった北条を待っていたのは、予想以上にスリリングな日々だった。キャバクラには客からの“指名”数という絶対的な価値基準があり、それがキャバ嬢のヒエラルキーを形成する。しかも、情報が公開されることで、キャバ嬢たちは競争を煽られる続けるのだという。

「指名本数やドリンク杯数といった『成績ランキング』は毎日、在籍している全キャストの携帯に送信される」(本書より)

「指名」はキャバ嬢にとって女として認められること。それが女の闘争心に火をつける。しかもその競争は“ギャラ”という形で目に見えて自分に跳ね返ってくる。そのため「指名」競争がゲーム感覚になり、次第に“指名取りゲーム“に夢中になっていくシステムなのだ。

 当初は 女が商品となることを嫌悪し、とまどっていた北条だが、しかし次
第にこのゲームにのめりこんでいく。「『女らしさ』や『若さ』がカネになる」「キャバクラで自分が『商品』になってみなければ分からないことがある。それは『カオとカネの交換システムの寂しさ、くだらなさ、そして、魅力』だ」と。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

キャバ嬢の社会学 (星海社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

京大院生がキャバ嬢体験を論文に! キャバ嬢の“病み”の原因とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャバ嬢水商売の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
2 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
3 安倍政権忖度でドキュメント番組が改変
4 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
5 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
6 沖縄問題を扱ったマンガ作品が話題に
7 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
8 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
9 見城徹の安倍ヨイショが醜悪すぎる
10 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
11 安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
12 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
13 水道橋博士が安倍首相批判で大炎上!
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 自民党がネトサポに他党叩きを指南
16 原発事故前に安倍が地震対策拒否
17 安倍の地元で反安保講演に聴衆が殺到
18 安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
19 小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
20 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
5高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
6田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
7見苦しい!安倍首相が無告知ゲリラ街宣
8安倍首相が街頭演説からトンズラ
9 自民党がネトサポに他党叩きを指南
10山本太郎「リベラルをひとりも減らすな」
11加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
12安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
13原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
14自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
15中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
16小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
17長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
18ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
19昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
20大手メディア衆院選情勢調査の結果は

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」