必読! ヘリ事故のタイミングで掲載された沖縄がテーマのマンガ作品が話題に… この痛みこそ安倍首相は知るべき!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
必読! ヘリ事故のタイミングで掲載された沖縄がテーマのマンガ作品が話題に… この痛みこそ安倍首相は知るべき!の画像1
比嘉慂氏の「ウーマク」が掲載された「ビッグコミックオリジナル増刊」11月増刊号

 今月11日、沖縄県東村高江で米軍の大型輸送ヘリコプター「CH53」が牧草地で炎上・大破した事件は大きな衝撃を与えた。事故現場は住宅地からわずか300メートルしか離れていない場所であり、死傷者も出しかねない大惨事になっていた可能性もあったからだ。

 沖縄では、昨年12月にも名護市安部でオスプレイ墜落事故が起こったばかり。このような状況を改善することが喫緊な課題であることは誰の目にも明らかなはずだが、10月11日放送『報道ステーション』(テレビ朝日)の党首討論に参加した安倍首相は、今回の事故について「米側に原因の徹底究明と再発の防止を申し入れるように指示した」と述べるだけだった。

 何度聞かされたかわからない「再発防止」という空疎な言葉。この期に及んでまだそんな言葉が飛び出すあたりから、いかに安倍首相が沖縄市民のことなどどうでもいいと思っているかが透けて見えるわけだが、偶然にもそんな状況に呼応するかのような漫画作品が「ビッグコミックオリジナル増刊」(小学館)2017年11月増刊号に掲載され、話題となっている。

 それは、『美童物語』(講談社)や『砂の剣』(小学館)など、デビュー以来、沖縄戦や基地問題を扱った作品を多く描いてきた比嘉慂氏による52ページの読み切り作品「ウーマク」。

 この「ウーマク」という作品は、終戦から5年後の沖縄を舞台に、遺骨収集の活動を続けている元兵士を主人公とした漫画だが、映画監督の是枝裕和氏もツイッターでこのように紹介している。

〈ずっと沖縄の戦中戦後を描き続けている比嘉慂さんの新作『ウーマク』がビックコミックオリジナルの増刊号に。米軍基地内で遺骨収集する元兵士の話。このタイミングでの掲載は偶然だろうが、米軍ヘリのあの機体の残骸を目にしてなお、「不時着」と報じる新聞やテレビのニュースと是非読み比べて欲しい。〉

 前述した通り、「ウーマク」の舞台は太平洋戦争から5年が経過した沖縄。戦争の傷跡もまったく癒えていないが、同時に朝鮮戦争が始まる時期でもあり、沖縄のアメリカ軍基地から人殺しのために軍が派兵されようとしている状況が背景として描かれている。

 そんななか、鉄血勤皇隊の生き残りで、休みの日は戦死した仲間たちの骨を集める活動をしている主人公・天願忍は、ある日、3人の米兵から強姦されそうになっている少女を助けることになる(彼は空手の使い手で、屈強な兵隊たちも簡単に倒してしまう)。

 天願の勇気あるその行為は新たな面倒ごとを運んでくる。MP(米軍憲兵)の本部から「本当に天願ひとりで米兵3人を倒したのか確かめたい」という連絡が来たのだ。強姦事件の捜査の一環というのは名目だけの、いわば果たし合いの挑戦状であり、琉球警察局の運天賢勇は「面白半分だ。断ってもいい」と助言するが、天願は条件付きでその申し出を受ける。その条件とは、自分が勝ったら基地内で遺骨収集の作業をさせてほしい、というものだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

必読! ヘリ事故のタイミングで掲載された沖縄がテーマのマンガ作品が話題に… この痛みこそ安倍首相は知るべき!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ビッグコミックオリジナル比嘉慂沖縄戦編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
6 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
13 財務次官セクハラが海外メディアでも
14 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
15 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも