星野源「Family Song」が示す“新しい家族”とは? 「家族がいない人はどうしたら?」に星野が出した答え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「Family Song」のMV がサザエさんなのにも理由がある

 星野は楽曲製作にあたり、「家族とは何か?」という命題を考え続けた。その結果として導き出された答えはこのようなものだったという。

「本当に相手の幸せとか無事とかを心から祈るっていう関係が家族ってことなのかなと」(8月20日放送『Love music』/フジテレビ)

 そこに血のつながりも、性別も関係ないし、家族のあり方だって人それぞれでいい。誰かに押し付けられる「家族のかたち」などは存在するべきではない。

 この「Family Song」で歌われた思いは、〈みにくいと/秘めた想いは色づき/白鳥は運ぶわ/当たり前を変えながら〉(ちなみに、これも2番のAメロである)と歌い、サビで〈夫婦を超えてゆけ〉と高らかに宣言した「恋」の延長線上にあるものだが、今回はそれをさらに踏み込んだ内容にしたものといえる。

 それは、「Family Song」のミュージックビデオにもよくあらわれている。この曲のミュージックビデオでは、サザエさん風の女装をした星野源がお母さん役を演じ、彼のバックバンドのメンバーであるドラマーの河村“カースケ”智康がおばあちゃん、ピアニストの小林創が長男、ギタリストの長岡亮介(浮雲)が長女、そして、スペシャルゲストの高畑充希がお父さんで藤井隆が次女と、年齢と性別がバラバラのコスプレを身にまとっている。もちろん、これは今年5月に放送された星野源の初冠番組『おげんさんといっしょ』(NHK)の世界観の流れであるわけだが、それを「Family Song」のミュージックビデオに再びもってきたのには、もちろん意味がある。彼は、8月1日放送『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)のなかでこのように説明している。

「この曲というのはいわゆるいままでの家族像を歌っているわけではなくて、これからの家族像を歌いたいなと思ってつくった曲です。(略)いろんな種類の家族っていうものがこれから普通になっていくんじゃないかなと思っていて。で、それを表すのに、いわゆるみんなが演じている、ミュージシャンも含め演じている家族の役割というものが年齢も性別も、もうグチャグチャなんですよね。で、そのなかでもしかしたら、いわゆるこういう、一発で言うと『サザエさん』なんですけど、その『サザエさん』的な風景のなかで性別がグチャグチャであるっていうものの未来ももしかしたらあるのかもしれない。で、そういうのも含め、家族っていうものがどんどんどんどん多様化していくなかでっていうものの曲のコンセプトっていうものをまず映像としても示したかったというのがあります」

 しかし、現在の“家族”を取り巻く社会状況は、星野が「Family Song」で表現しようとしたこうしたコンセプトと、180度真逆の方向性だ。たとえば近年、保守的な家族規範が押しつけられる風潮がどんどん強まっている。「教育勅語は、親孝行などいいことも言っている」と政治家が平気で公言したり、10歳の子どもに親への感謝を強要する1/2成人式が流行したり、子どもが事件や事故に巻き込まれるたびに母親がバッシングされたり……。その象徴的な存在ともいえるのが、日本会議の意向を強く反映した自民党の改憲草案にある「家族は互いに助け合わなければいけない」という、いわゆる家族条項だろう。一見もっともらしいことを言っているようにも見えるこの条項は、その蓋を開けてみれば、家父長制の復活を目論むかのような旧来的な家族像や性役割を押しつけるものであり、個人の価値観や多様性など一顧だにせずマイノリティーを排斥しようとするものでもある。また、それは、国家が担うべき社会保障がすべて家族内の自己責任に押しつけられるということも意味する。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

星野源「Family Song」が示す“新しい家族”とは? 「家族がいない人はどうしたら?」に星野が出した答えのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。 Family Songサザエさん新田 樹星野源の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
2 安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
3 安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
4 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
5 日馬富士暴行で貴乃花批判のおかしさ
6 欅坂・平手が「今年はひどいことばかり」
7 安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
8 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
9 内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
10 たけしが安倍を「軍国主義」と批判!
11 武富士より恐い奨学金の実態
12 「不倫学」が教える防止策とは?
13 稲垣、草なぎ、香取と日本財団の関係
14 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
15 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
16 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
17 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
18 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
19 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
20 今年も紅白はジャニーズが私物化
1国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
2加計学園で設置審委員が内情暴露!
3直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
4日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
5義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
7安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
8欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
9安倍の教育無償化はやっぱり嘘だった
10鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
11内田樹が喝破!安倍独裁を容認させるもの
12マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
13沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
14安倍がネトウヨ『報道特注』に出演熱望
15山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
16安倍政権が企む“子なし世帯増税”の異常性
17 柳広司、中原昌也らが東京五輪に疑問の声
18「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
19 安保法制密約で自衛隊将校が実名告発!
20JASRACが坂本龍一を騙しうち!

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」