嵐・松本潤「二股」報道はAV 女優・葵つかさの“売名”じゃなかった! 松潤のキチク行為より被害者の葵が攻撃される理不尽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
matsumotojun_170115.jpg
責められるべきは葵つかさではなく、松本潤

 嵐・松本潤のAV 女優・葵つかさとの“二股”スキャンダルが、なんとも溜息をつきたくなるような展開を見せている。

 周知のように「週刊文春」(文藝春秋)1月5・12日合併号が報じたこのスキャンダルは、ジャニーズのトップアイドルとは思えない、松潤のキチクぶりを暴露するものだった。

 何しろ、結婚間近とまでいわれる恋人・井上真央という存在がありながら、4年間に渡り、葵つかさを毎週のように深夜呼び出し、セックスだけして、タクシー代も渡さず追い返す“性奴隷”の扱いをしていたことが、葵の「知人女性」の証言で明らかになったのだ。しかも、葵が井上真央のことを一度だけ、松潤に聞いたとき、このトップアイドルは「それ以上、彼女のことを言ったら殺すよ」と彼女を脅したという。

 ジャニーズタブーに縛られたテレビやスポーツ紙がこのスキャンダルをほぼスルーしたのは予想通りだったが、唖然としたのはネットの反応だった。長年の恋人を裏切って、女性を性奴隷扱いしていた松潤のキチクぶりに非難の声が集まるかと思いきや、なぜか“被害者”の葵に対して“売名行為”という批判が一斉に浴びせられたのだ。

「松潤を使って売名行為するの辞めていただけませんか」
「知人女性の告白とかいってるけど、どうせ、情報を売ったのは葵。いくらもらったんだ」
「これで大々的に売り出そうとしているんだろう」

 こうした批判にさらに拍車をかけたのが13日発売の「フライデー」(講談社)1月27日号だった。同誌では、葵のヘアヌードを掲載、その表紙に「松潤の相手 葵つかさ「衝撃ヌード」」というセンセーショナルな文字が踊った。これを受けて、「早速商売にしたな」「やっぱり売名行為じゃないか」との批判が殺到したのだ。

 だが、このグラビア、“売名”とは真逆の舞台裏があったことが判明している。葵の所属事務所エイトマンモデルプロダクションは「フライデー」発売前日の12日のツイッターで、「事務所からのご報告」としてこんな経緯説明を行ったのだ。

〈講談社側から過去の写真を掲載させて欲しいと依頼され、一度はお断りさせていただきましたが、以下2点の条件を守るとの講談社からの返答があり、掲載を許可しました〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
2 官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
3 NEWS手越と金塊事件容疑者が…
4 官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
5 空中分解KAT-TUNの暴露本が出版
6 加計に利権独占させた安倍政権の手口
7 阿川佐和子結婚手記に不倫略奪婚は?
8 “菅官房長官語”の非人間性を証明!
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
11 KAT-TUNの恋愛を側近が暴露
12 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
13 安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
14 嵐の暴露本第二弾に、櫻井、松潤
15 共謀罪強行採決もまだ希望はある!
16 国連報告者から安倍に共謀罪批判文書
17 加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
18 秋篠宮家の料理番がブラック告発
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
20 加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
PR
PR
1報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
2松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
3『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
4文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防
5共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
6安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
7加計学園「総理の意向」文書は本物!
8佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
9加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
10 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
11文科省前次官の醜聞はやはり官邸の謀略
12室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
13官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
14加計に利権独占させた安倍政権の手口
15共謀罪強行採決もまだ希望はある!
16室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
18官邸の前川証言潰し圧力に負けるな!
19ガンダム“生みの親”が安倍首相批判!
20国連報告者から安倍に共謀罪批判文書
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」