ビートたけしがSMAP解散で毒舌!「キムタクは汚名返上できない」「ジャニーズは独占禁止法に引っ掛からないのか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 映画監督として高い評価を持つ“世界のキタノ”の強烈なダメ出しだが、しかし、いくらなんでもキムタクをえなりかずきと同列に扱うとは……。しかも、たけしの批判の矛先はキムタクだけではなかった。芸能タブーであるジャニーズ事務所の存在そのものにも向けられている。

〈でもさ、ジャニーズ事務所って、なんでこんなに力を持っているんだ? 独占禁止法に引っ掛からないのか? 男だけのグループって言うと、ジャニーズ以外だとEXILEぐらいなもんだろ。1回、太田プロで若い男の子集めてグループ作ったけど、一瞬で消えたからね。本当はジャニーズ以外からもいろんなのがじゃんじゃん出てくるようになれば、すごいグループが生まれるようになると思うんだけどな。あまりに独占企業になると。進化しなくなるかもね〉

 たしかにたけしの言うようにジャニーズ事務所は強大な影響力を背景に、男性アイドルを独占してきた。他事務所に所属する男性アイドルを圧力で潰してきたのも周知の事実だ。たとえばDA PUMPやw-indsといったジャニーズと“競合”する男性アイドルたちは、ジャニーズから様々な形で圧力をかけられ、音楽番組やバラエティから姿を消していった。

 そして男性アイドルを独占する一方で行われてきたのがメディア・コントロールと支配だった。たとえジャニーズのスキャンダルが週刊誌ですっぱ抜かれたとしても、テレビやスポーツ紙に圧力をかけ、後追い報道などを一切報じさせない。ジャニーズは自分たちの批判やスキャンダルを封じ、都合のいいストーリーを子飼いのマスコミに書かせ、さらに圧力で競合男性アイドルを潰すことで、アイドル市場を独占し、その“帝国”を築いてきた。

 たけしはこうしたジャニーズ事務所のやり方が、芸能界の“弊害”になり、新しい才能の誕生を阻んでいると指摘したのだ。これは多くの関係者が思っていても決して言えない“本音”だろう。

 さすがたけし、という感じだが、もっとも、この毒舌にはたけしなりの計算もあるらしい。週刊誌の芸能担当記者がこう解説する。

「まあ、たけしさんも芸能界ではまともに相手にされていない「週刊実話」だから、安心してここまで踏み込んだのでしょう。それと、たけしさんは、ジャニーズ事務所、そしてジャニーズタレントとの関係がほとんどないですからね。もうひとつの芸能タブーであるバーニングに関しては、絶対にこういう批判をいえないはずです。1987年にたけしが起こした「フライデー襲撃」事件の後、芸能界復帰のためにバーニングの周防郁雄社長の人脈に頼って以降、周防社長に頭が上がらなくなったといわれていますから」

 とはいえ、ジャニーズという強大なタブーに踏み込んだたけしのものいいは貴重だ。ちなみに、今回の「週刊実話」インタビューではSMAP問題だけでなく、有吉弘行と夏目三久の“妊娠報道”、電通の過労自殺、芸能界に蔓延する薬物汚染などを切りまくっている。一読の価値あり、だろう。
(林グンマ)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ビートたけしがSMAP解散で毒舌!「キムタクは汚名返上できない」「ジャニーズは独占禁止法に引っ掛からないのか」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズビートたけし木村拓哉林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
11 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
15 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
16 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
17 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 葵つかさが「松潤とは終わった」と
20 原発広告に文化人や芸能人が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画