クドカン大河の主演は嵐メンバーのリレー方式か? 能年玲奈か? 嵐なら大河はナチス「民族の祭典」になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nonarashi_161122.jpg
上・のんオフィシャルブログより


 多方面で話題になっている宮藤官九郎のオリンピック大河ドラマ。さっそく、丸川珠代五輪担当相が「東京五輪に向け機運の醸成に大変プラスになるので大変歓迎したい」などと言いだした。クドカンもとうとう丸川のような政治家にまで歓迎されるようになってしまったのか……。

 しかし、先日、本サイトでは、クドカンの大河がこのように国威発揚路線に利用されてしまう危惧を表明しつつも、最近、「戦争の怖さを子供達に知らせたい」と発言していた稀代の脚本家が得意の小ネタで、ナショナリズムとは逆ベクトルの五輪ドラマをつくってくれるかもしれない、と期待をよせる記事を配信した。

 クドカン大河は、ナチスドイツの五輪映画『民族の祭典』になるのか、それとも五輪ナショナリズムを解体するのか、と。

 しかし、2019年に放映されるこの大河ドラマにはもうひとつ問われていることがある。それは主演が誰になるのか、という問題だ。

 まず、いの一番に流れたのが、嵐の名前だ。今回の大河が1912年から64年という52年間を描く群像劇になると発表されたことから「群像劇なら5人全員の出演もありでは?」「時代パートごとに主役をリレーするのかも」という声も出ている。 

 また、芸能関係者の間では「オリンピック大河というのが、そもそも嵐ありきの企画ではないか」という推測も広がっている。

 たしかに、NHKは東京五輪に向けて嵐を猛烈にプッシュしている。今年10月の同局の五輪特番では嵐がMCをつとめたし、相葉雅紀のスポーツ番組も4月から始まった。また、相葉は今年の紅白の司会に選ばれたが、2020年五輪の年まで、嵐メンバーが順番に司会をつとめ、オリンピックを盛り上げるという計画があるとの説も流れている。

 一方、クドカンもTOKIOの長瀬智也主演ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)の脚本でブレイク以降、ジャニーズ事務所・ジュリー派とは関係が深い。嵐メンバーも、櫻井翔が『木更津キャッツアイ』(同)に、二宮和也が『流星の絆』(同)に出演するなど、縁がある。

 考えてみれば、大河の放映される2019年は嵐結成20周年でもある。NHKとジャニーズが組んで大河に嵐メンバー全員を出演させ、五輪を盛り上げつつ嵐のメモリアルにしようとしている可能性はかなり高いのではないだろうか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

クドカン大河の主演は嵐メンバーのリレー方式か? 能年玲奈か? 嵐なら大河はナチス「民族の祭典」になるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。クドカン五輪大河ドラマ宮藤官九郎能年玲奈酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画