今もやまぬ人工透析自己責任論の嘘を改めて指摘! 糖尿病の原因は体質遺伝、そして貧困と労働環境の悪化だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、だからこそ反論しておきたいが、自己責任論の前提となっている長谷川が言うような“ほとんどの人工透析患者は自堕落の結果”という説は、まったく的外れの指摘だ。

 まず、自堕落の結果だと槍玉にあがっている「2型糖尿病」の原因は、高脂肪の食事や運動不足だけでなく、そもそも親や肉親の遺伝によって糖尿病になりやすい体質である人も含まれている。そのうえ、現在ではストレスの影響も大きいことがわかっている。現に、ドイツの研究機関の調査では、職場で過大な仕事を要求されるなど強いストレスに晒されている人は、そうでない人と比較すると2型糖尿病を発症するリスクは45%も上昇したという。

 にもかかわらず、糖尿病は「飽食のせい」「贅沢病」とされてきた。もっとも象徴的なのは麻生太郎副総理の発言で、「食いたいだけ食って、飲みたいだけ飲んで、糖尿病になって病院に入っているやつの医療費はおれたちが払っている。公平ではない。無性に腹が立つ」などと糖尿病患者を批判し、医療費問題につなげて自己責任を煽った。

 だが、この発言が本当に正しければ、毎晩のように政治活動費で高級ワインやらフランス料理などに舌鼓を打つ「食いたいだけ食って、飲みたいだけ飲んで」いる麻生副総理こそ糖尿病に罹りそうなものだが、実際はそうではない。それもそのはずで、糖尿病は「贅沢病」などではなく、むしろ「貧困病」だからだ。

 たとえば、こんなデータがある。全日本民主医療機関連合会(民医連)が40歳以下の2型糖尿病患者約800人のカルテ分析と対面調査を行ったところ、〈患者のBMI値の推移を分析すると、一〇代で既に一定の肥満状態になり、成人後にさらに体重が増加して糖尿病を発症して〉いたことがわかったというのだ。また、同じように40歳以下の2型糖尿病患者が合併症である網膜症を発症する確率は、正規雇用の患者にくらべて非正規雇用の患者は1.52倍となっていることも公表。こうした結果について調査班は〈患者は低学歴で非正規雇用が多く、貧困や労働環境の悪化が糖尿病の発症を早めていることが推測されます〉とまとめている。

 実際、糖尿病予防では、高脂肪の食事を控えることや野菜の摂取が推奨されるが、食事を安く済ませようとするとこれらを守ることはできない。カップ麺などの安価な炭水化物は財布にやさしい一方、高脂肪・高塩分で野菜に含まれる栄養素の摂取が期待できない食品の代表例だし、自炊でなるべくバランスのよい食事を心がけようにも都市部のスーパーでは野菜はもはや高嶺の花で、食費を抑えようとすれば多品目を口にすることは難しい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

今もやまぬ人工透析自己責任論の嘘を改めて指摘! 糖尿病の原因は体質遺伝、そして貧困と労働環境の悪化だったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ブラックマヨネーズ人工透析伊勢崎馨医療貧困長谷川豊の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画