「生前退位」有識者会議が天皇の希望も世論も無視、官邸の意向で“一代限り特別法”にすでに決定済み!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 また、別の懸念もある。仮に一代限りの特別法を認めるとすれば、今後、将来的に再び天皇の退位をめぐる問題が立ち現れたとき、今回のケースが前例となり、その度に特別法で対処するというルーティーンとなるだろう。そうすれば必然的に、時の政権与党による恣意的な天皇の廃立の危険性が高まる。つまり、立法府を数の力でねじ伏せることで、その時々の天皇の強制退位や皇位継承の順位変更を導きかねない。ゆえに、誠実に「生前退位」について議論するならば、退位等をめぐる明確な基準や手続きを精査したうえで、恒久法である皇室典範を改正して、しっかりと明記するのが当たり前なのだ。

 一方、安倍政権が一代限りの特別法制定に躍起になっているのは、皇室典範に手をつけてほしくない右派勢力への“配慮”以外に、もう一つの理由があると見られている。それが、安倍首相の悲願でもある改憲との兼ね合いだ。

 各社報道によれば、政府筋は皇室典範の改正には時間がかかり天皇が望む早急な退位を難しくさせると説明しているが、これは政権側の言い訳にすぎない。実のところ、安倍首相は何よりも憲法改正の政治日程を優先し、「生前退位」の議論がその足かせとなることを拒んでいるのだ。19日、自民党は党の政治制度改革実行本部の役員会で、無期限案をも視野に入れた総裁任期の延長を事実上決定したが、これもその“改憲スケジュール”を邪魔されたくないという首相の意思が強くにじみ出ていると言える。

 そして、マスコミもこの流れに追随しつつある。なかでも、安倍政権の意向を最も忖度しているのがNHKだ。もともと天皇の「生前退位」の意思をめぐる議論の発端は今年7月のNHKによるスクープだったが、これに官邸は激怒。直接、NHK幹部に猛烈なクレームをつけたとも言われており、いまNHK内部は「生前退位」の報道に非常にナーバスになっているという。

 事実、17日放送の『ニュースチェック11』は、こうした“官邸への配慮”が顕著。番組の冒頭から有識者会議の初会合を取り上げたのだが、その扱い方はあからさまに政権の顔色を伺うものだった。

 たとえば、スタジオでは皇室典範改正には課題が山積しているとして、桑子真帆キャスターが「いろいろ考えなければならないので時間がかかりそうですね」とコメント。あからさまに典範改正という方法にネガティブな解説をする一方、専門家の談として、小泉政権時に「皇室典範に関する有識者会議」の座長代理を務めた園部逸夫元最高裁判事の「特定の天皇について考えるほうが良いのではないか」という話をフリップで紹介。有馬嘉男キャスターが「これは特別法の制定ということになります」「政府内でも陛下がご高齢なので迅速に対応する必要がある、と有力視されています」と続け、露骨に特別法が好ましいという印象づけを行った。

 さらに呆れたのが、『ニュースチェック11』が「現制度で対応」という方法があると強調したこと。これは摂政などの現行制度を指していると思われるが、なんとここで、番組では専門家のコメントとして、あの八木秀次麗澤大学教授の話を紹介したのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「生前退位」有識者会議が天皇の希望も世論も無視、官邸の意向で“一代限り特別法”にすでに決定済み!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。天皇安倍政権官邸宮島みつや生前退位皇室の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 綾瀬はるかが戦時化の性犯罪をレポート
2 杉田水脈がLGBT差別にほっかむりで極右集会に
3 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
4 文科省が大学に「五輪中は授業やるな」と学徒動員
5 NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
6 『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
7 黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
8 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
9 創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
10 宮崎駿も鶴瓶も安倍政権にNO!
11 安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
12 安倍への忖度?山口県警が安倍系建設会社の捜査握り潰し 
13 安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
14 安倍が選挙妨害を依頼した男と密室謀議
15 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
16 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
17 ディズニーランドでキャストがパワハラ提訴
18 北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
19 『報ステ』チーフPは安倍応援団とお友達か
20 自民党・原田が南京虐殺は捏造と断言
1久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
2広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為
3山本太郎と久米宏が安倍政権、原発タブー、杉田水脈を斬る
4翁長知事は最後まで安倍政権のいじめと闘い続けた
5安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
6松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
7ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
8 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
9NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
10安倍自民党が佐川宣寿の偽証罪告発潰し
11松尾貴史と室井佑月が語る安倍政権のメディア圧力
12創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
13安倍が杉田水脈問題に「なんで騒いでるの」
14安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
15 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
16安倍の態度には長崎の被爆者代表が激怒「毎年一緒」
17『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
18安倍首相が津川雅彦に特別扱い追悼会見
19北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
20文科省汚職は安倍の加計接待とそっくり

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄