参院選直前企画⚫極右候補者ガイド(前編)

徴兵制、生存権否定、ヘイトデマまで…参院選・極右候補者リスト「ウヨミシュラン」発表! 星3つの政治家は誰だ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
katayamayamatani_160710.jpg
左・片山さつき 公式ホームページより/右・山谷えり子ホームページより


 いよいよ投開票日を迎えた参議院選挙。本サイトは昨日、自民党がホームページで「子供たちを戦場に送るな」と言う教員を取り締まる“密告フォーム”を設置していたことを伝えたが、安倍政権からしてみれば、こんなものは常識の範囲内なのだろう。というのも、今回、自民党が立てた参院選候補者といえば、憲法否定や歴史修正はもちろん、明らかに戦前回帰をスローガンにする“極右”政治家ばかりだからだ。

 侵略戦争の歴史を修正し、子どもたちに報国を押し付け、国民の自由を剥奪しようと考え、はては核武装、徴兵制まで企んでいる人たちが大量にいる。そこで本サイトは、こうした極右候補者たちを北は北海道から南は沖縄、比例代表までズラリとリストアップ。さらに、そのファナティック加減を3段階で評価してみた。

 名付けて“2016年参院選「ウヨミシュラン」ガイド”である。それでは、最高(?)評価の星3つの御仁たちから張り切って紹介していくので、ぜひ、参考にしていただきたい。


■ネトウヨの女王は生活保護だけじゃなく憲法の「生存権」まで否定!
☆☆☆ 片山さつき(自民党/比例)

 ネット右翼から絶大な支持を受け、ヘイト団体のデモに嬉々として飛び入り参加し、ネットのデマを懲りずに繰り返し発信することで定評のある“リアルネトウヨ”こと片山さつき氏だが、彼女はあの2012年自民党憲法改正草案の起草メンバーの一員でもある。そんな片山氏の憲法観は前近代的というよりも、ただただ恐怖の一言だ。

〈国民が権利は天から付与される、義務は果たさなくていいと思ってしまうような天賦人権論をとるのは止めよう、というのが私たちの基本的考え方です。国があなたに何をしてくれるか、ではなくて国を維持するには自分に何ができるか、を皆が考えるような前文にしました!〉(片山氏のツイッターより)

 ようするに、すべての人間に生まれつき備わっているはずの人権を剥奪し、国民を徹底的に国へ隷属させる憲法にしよう、というわけである。さらに生活保護をバッシングした著書のなかでは、「不正受給」の原因は〈「最低限度」に加えて「健康的で文化的な生活」というものを規定した憲法にある〉として、このように書いている。

〈現在の日本国憲法が作られるまで、わが国には「生存権」の保障という考え方はありませんでした。〉
〈私は自民党憲法改正案の23人の起草委員のひとりとして、本来勤勉である日本の伝統を壊してしまったこのような憲法の改正に向けても活動しています。〉(『正直者にやる気をなくさせる!? 福祉依存のインモラル』オークラ出版)

 人間が人間らしく生きる、そんなあたり前のことですら、片山氏や自民党にとってはナンセンスなもの、ということらしい。今回の参院選で与党は改憲という争点をひた隠しにするが、連中がそうする理由も、こういうイカれた本音を見れば納得できるというものである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

徴兵制、生存権否定、ヘイトデマまで…参院選・極右候補者リスト「ウヨミシュラン」発表! 星3つの政治家は誰だ?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。憲法編集部選挙の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
8 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
18 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画