星野源『オールナイトニッポン』レギュラー決定で、噂の「下ネタ好き」「ゲスキャラ」全開への期待が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hoshinogen_160315.jpg
星野源オフィシャルサイトより


 今月28日より星野源が『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)の月曜レギュラーパーソナリティーを務めることが分かった。

 昨年は『NHK紅白歌合戦』に初出場。本業であるミュージシャンとしての活動の他にも、俳優としてはテレビドラマ『コウノドリ』(TBS系)での演技が高く評価され、また、文筆家としても『働く男』(文藝春秋)が文庫化されるなど絶好調だったが、その勢いは今年も衰えることはないようだ。

 そんな星野といえば、「下ネタ大好き」キャラとしての顔がよく知られている。特に、テレビに比べ格段に自由な発言が許される深夜ラジオでは、そのような星野源の本領が遺憾なく発揮され、昨年、単発で『オールナイトニッポン』のパーソナリティーを受け持った時には、リスナーから喘ぎ声を募集し優勝者を決める「A-1グランプリ」なる企画まで放送され話題を呼んだ。

 また、昨年ゲスト出演した『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(TBSラジオ)では、オリコン週間アルバムチャート1位を獲得した最新アルバム『YELLOW DANCER』の歌詞を解説。「Snow Men」に出てくる歌詞〈胸に降り積もる光〉は「乳房に出した精液」のメタファーであることを明かすなどしてファンに衝撃を与えた。これからはこのようなトークが毎週聞けるのだろうか。

 しかし、このニュースは吉報とは言いづらい側面もある。月曜『オールナイトニッポン』枠は、20年以上続く裏番組『JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)に押され苦戦を強いられ続けてきた鬼門の枠なのだ。同枠で4年半パーソナリティーを務めた鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)も番組終了にあたり「聴取率が悪いし、何より裏番組が強い」と本音を語っている。

 深夜ラジオとしては驚異の聴取率を誇る裏番組に対し星野源はどう対抗するのか。しかし、彼の「下ネタ大好き」な「男の子キャラ」は深夜ラジオ向きではある。しかもそれはただ下品なだけではなく、計算に裏打ちされたどこか福山雅治の下ネタトークにも通ずるものであり、これまで通りのスタイルを貫き通せばかなり善戦するのではないだろうか。

 当サイトではファンに衝撃を与えた『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』での、星野による『YELLOW DANCER』歌詞解説を記事として配信したことがある。ここに再録するので、星野源がラジオで語る下ネタトークがどのようなものなのか確認してみてほしい。
(編集部)

********************

 この年末年始は、『MUSIC STATION SUPER LIVE 2015』(テレビ朝日系)、『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)などの大型音楽番組のみならず、ついに『第66回NHK紅白歌合戦』(NHK)への出演まで果たしてしまった星野源。10年来の付き合いがあるバナナマンとともに、くも膜下出血からの復活劇を語った後に歌われた「SUN」はファンに感動を呼んだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

星野源『オールナイトニッポン』レギュラー決定で、噂の「下ネタ好き」「ゲスキャラ」全開への期待がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オールナイトニッポン新田 樹星野源編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
5 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
19 財務次官セクハラが海外メディアでも
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
20 財務次官セクハラが海外メディアでも