『現代用語の基礎知識』がネトウヨに「反日」「偏向」と攻撃され炎上してるので、本当に偏向してるか読んでみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gendaiyougo_151216.jpg
『現代用語の基礎知識2016』(自由国民社)

 本サイトでは先日、「ユーキャン新語・流行語大賞」2015年のノミネート語に、「安保法制に批判的な言葉ばかりがノミネートされている!」としてネット右翼から的外れな批判が殺到したことを伝えたが、今度は、その選考の母体である『現代用語の基礎知識2016』(自由国民社)がフクロ叩きにあっている。

 Amazonのレビュー欄は大炎上。12月16日現在、平均点は5段階中2点とすこぶる低評価で、31件のレビューのうち実に22のレビュアーから「星ひとつ」をつけられている。なお、14年度版は平均4.5点、13度版は3点だったが、そもそも総レビュー数自体がせいぜい十数件だったため、いかに今年度版に非難が殺到しているかが分かるだろう。

『現代用語の基礎知識』といえば、戦後まもなく創刊され、以後毎年11月頃に発刊されている長い歴史を持った本。時代性を反映させた時事語やマスコミ語などを事典的に収録し、専門家らが解説するという“言葉の年鑑”だ。「政治」「国際情勢」「経済」「科学・技術」「文化」「時代・流行」などにジャンル分けされ、今年は冒頭の特集等も含めて全部で約1500ページ。要点だけでも読み通すのに骨が折れるが、網羅的かつ詳細に近年の話題を総ざらいできることもあり、就活に勤しむ学生から文筆家、研究者、マスコミ関係者まで、愛用している人は幅広い。

 なお「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語は、読者審査員のアンケートを参考に『現代用語の基礎知識』編集部が選出している。ゆえに、炎上騒動が飛び火したかたちだと思われるが、いざ同書のAmazonレビューを見てみると……

〈公平性も中立性も無視した内容〉
〈こんな政治的に偏った本なんて、買う価値ありません〉
〈偏った人達が作る偏った言葉に偏った説明を為されている本。判らなければクグレ、買わずに済むゾ〉
〈共産党、sealds、在日とりま朝鮮カエレ!〉
〈左翼のアジ本と化したのか〉
〈日本の日本人の為の現代用語基礎知識と言うより、過激派パヨクの方々の用語です。〉
〈70年代のテロ用語を学び何でも官邸団に参加するならどうぞ。〉
〈レビューでだいたいわかりますねwwww 左翼様専用の本だという事はよくよく分かりました。〉

 などなど、批評性もへったくれもなく、ヘイトスピーチまで混じる無茶苦茶な言われよう。とりあえず“項目が左翼的に偏向している!”とクレームをつけたいことだけは読み取れるが、しかし、これらの罵詈雑言を投稿しているアカウントを調べると、そのほとんどが同書だけしか書籍のレビューをしていない。ようするに、彼らは中身までよく読まずに「政治的偏向!」「中立にしろ!」とがなりたてているものと予想される。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『現代用語の基礎知識』がネトウヨに「反日」「偏向」と攻撃され炎上してるので、本当に偏向してるか読んでみたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨ小杉みすずの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画