「盗聴法」改正がヤバい! 盗聴対象の拡大であなたも警察に盗聴され弱みを握られる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yamashitayukio_150714.jpg
盗聴法改正案の問題点について語る山下幸夫弁護士(YouTube「videonewscom」より)


 大半の憲法学者が「違憲」と断じ、学生団体がデモを行うなど、いま最も注目を集める法案といえば安保関連法案だろう。しかし、その陰である危うい法案が国会に上程中なのをご存知だろうか。

 それはずばり、「盗聴法(通信傍受法)」の改正案である。マスメディアが大々的には報じないからピンとこない方も多いだろうが、今年3月に閣議決定され、与党は今国会での成立を目指している。

 この改正案、色々な意味で「ヤバい」。通信の秘密を保障した憲法に違反するという猛反対の声を押し切り、1999年に成立した現行の盗聴法。「犯罪捜査の証拠を得る手段」として通信傍受の必要性を認めたものだが、今回の改正案では警察の権限が際限なく肥大しており、一般市民の生活が脅かされかねないのだ。

 最も顕著なのは盗聴捜査の対象犯罪だろう。現行法は対象が組織的殺人、薬物、銃器、集団密航の4つに限られ、同法に基づく実際の盗聴捜査も限定的だった。しかし、改正案はこれを大幅拡大し、詐欺、窃盗、強盗、傷害、果ては児童ポルノなどにまで広げようとしている。一応「組織性が疑われること」が条件とはされているものの、これを判断するのは警察だ。ちなみに窃盗は、年間に発生する全刑法犯の7割を占める。つまり、警察が「組織性あり」と断ずれば、ありとあらゆる犯罪で盗聴捜査が行える。

 しかも改正案は、盗聴捜査のハードルをさらに下げている。従来、盗聴時には通信事業者の立ち会いが必要とされ、盗聴場所も事業者の施設内とされていた。ところが改正案は、一定の条件を満たせば事業者の立ち会いを不要とし、将来的には警察施設内での盗聴も想定している。第三者がチェックできず、密室での「やりたい放題」が可能となる。

■盗聴捜査の日常化──誰もがターゲットとなりうる怖さ

「自分は犯罪なんて手を染めたことがないから大丈夫」。そう思うかもしれないが、甘い。日弁連で刑事法制委員会事務局長をつとめ、今回の改正案にも詳しい山下幸夫弁護士は次のように話す。

「今回の改正で盗聴のハードルは下がり、今後は盗聴捜査が日常化していくでしょう。通信を傍受されるのはターゲットの人間だけではなく、通話相手も含まれるので、第三者の人間も対象になる。一般市民であっても、携帯電話などでの通話が捜査で盗み聞きされる可能性は十分にあります」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

憲法とリスク: 行政国家における憲法秩序 (憲法研究叢書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「盗聴法」改正がヤバい! 盗聴対象の拡大であなたも警察に盗聴され弱みを握られるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。松岡瑛理検察警察の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
2 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
3 平野、ケラ…作家たちが安倍政権にNO
4 中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
5 救う会元幹部が安倍の拉致利用に怒り
6 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
7 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
8 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
9 安倍政権忖度でドキュメント番組が改変
10 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
11 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
12 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
13 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
14 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
15 自民党がネトサポに他党叩きを指南
16 加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
17 長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 民主解党論の裏にジャパンハンドラー
20 沖縄問題を扱ったマンガ作品が話題に
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
5高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
6田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
7中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
10加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
11山本太郎「リベラルをひとりも減らすな」
12安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
13原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
14小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
15長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
16ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
17中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
18昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
19博士、町山が安倍と見城の癒着批判
20大手メディア衆院選情勢調査の結果は

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」