安倍政権が道徳教科書に採用「江戸しぐさ」がオカルト確定! でも下村文科相は責任逃れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
edoshigusa_01_150629.jpg
『江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統』(星海社新書)

 今月6月25日に放送された『NEWS23』(TBS)の特集が、いまネット上で話題を呼んでいる。この日、番組が紹介したのは「江戸しぐさ」。ネットでは以前から“出所があやしい代物”として疑問視する声が高まっていたが、ついにテレビもこの疑惑を取り上げたのだ。

 さて、「江戸しぐさとはなんぞや?」という方に説明すると、江戸しぐさとは、〈江戸商人のリーダーたちが築き上げた、上に立つ者の行動哲学です。(中略)江戸時代は、260年以上もの間、戦争のない平和な時代が続きました。その平和な安心な社会を支えたのが『江戸しぐさ』という人づきあい、共生の知恵です〉(「NPO法人江戸しぐさ」HPより)という。注目されるようになったきっかけは、2004年、ACジャパン(公共広告機構)のCMで取り上げられてからだ。

 江戸のビジネスリーダーによる行動哲学……? そう言われてもさっぱりわからないと思うので、具体例を挙げてみよう。

 雨や雪の日に道ですれ違うとき、お互いに傘を外側に傾けて、相手の体に傘の雫がかからないようにする「傘かしげ」。狭い路地や混み合う道路では、お互いに右肩を引いて体全体を斜めにし、胸と胸を合わせる格好ですれ違う「肩引き」。人に足を踏まれたら相手に怒るのではなく、とんだところに足を出していて、うかうか踏まれた自分が悪いと、足を踏まれたほうが先に謝る「うかつ謝り」。──こういうものが、「江戸しぐさ」というらしい。

 で、この江戸しぐさ、日本社会で、とてもとてもウケている。

 まずは、企業にウケている。東京ディズニーランドを運営する株式会社オリエンタルランドを始め、その他、多くの企業の社員研修プログラムに江戸しぐさは取り入れられている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統 (星海社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

安倍政権が道徳教科書に採用「江戸しぐさ」がオカルト確定! でも下村文科相は責任逃れのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。トンデモ教育波田幾世の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍首相の大嘘解散会見に騙されるな!
2 前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
3 麻生「武装難民は射殺」発言は差別煽動
4 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
5 安倍の身勝手解散は民主主義の破壊
6 室井佑月が前川前事務次官に加計問題を訊く
7 総選挙直後に加計獣医学部を認可の情報
8 安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
9 痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
10 灘中校長が語る自民党とネトウヨの圧力
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
13 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
14 田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
15 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
16 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
17 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
18 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
19 東京五輪買収は決定的と海外で報道
20 小池知事が震災朝鮮人犠牲者追悼を拒否
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3安倍御用・山口敬之の不起訴はおかしい
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
6安倍が国連演説で北朝鮮を煽りまくり
7前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
8室井佑月が前川前事務次官に加計問題を訊く
9安倍首相の大嘘解散会見に騙されるな!
10 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
11総選挙直後に加計獣医学部を認可の情報
12Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
13 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
14卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
15東京五輪買収は決定的と海外で報道
16田中慎弥が看破した安倍マッチョの正体
17痛快!SMAP3人の奴隷解放宣言
18NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
19安倍の身勝手解散は民主主義の破壊
20沖縄に大量の核兵器が配備されていた

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」