内閣官房キャラ弁騒動でも露呈「手が込んだお弁当=母親の愛情」という信仰にあの料理家が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
charaben_01_150521.jpg
3Dキャラ弁の例、さすがに毎日は骨が折れそうである(画像は、別冊すてきな奥さん『はじめての3Dキャラ弁かんたんレシピ』主婦と生活社)

「子どものために手の込んだ弁当作れと?そういう事を政府が言っちゃうんだ?」「全然応援してませんよコレ」

 ……今月18日、内閣官房の公式Twitterが紹介した記事が、いま物議を醸している。内閣官房が紹介したのは、「キャラ弁」で人気を集めている有名料理ブロガー・momoこと岩田恵子さんの記事。これを内閣官房は「【女性応援ブログ】朝起きるのが辛い日も作るのが億劫な日もある。それでもmomoさんが毎日早起をしてキャラ弁を作れる理由とは?」とタイトルをつけて発信したことで、政府の姿勢を疑問視する声がネット上に溢れたのだ。

 もちろん、“幼稚園に馴染めない息子のためにキャラ弁をつくりはじめた”と述べる岩田さんの記事自体に否はない。問題は、内閣官房という政府の中枢が、そしてなにより安倍政権が強く打ち出している「女性活躍」を管轄する機関が、この記事を紹介したことにある。これでは、政府は“朝は早起きして子どものためにキャラ弁をつくるのが輝く女性ですよ”と喧伝しているに等しい。そのため、冒頭であげたように「ふざけんな!」の大合唱が起こったわけだ。

 だいたい、最近は「キャラ弁」ブームの定着によって悲鳴をあげる母親が増えている。それでなくても忙しい朝に弁当をこしらえるだけでも重労働なのに、型紙に合わせて海苔やチーズを工作のように切ったり貼ったり、参考画像とにらめっこしながらジバニャンやらリラックマやらを立体的につくり上げたりするなど、もはやキャラ弁づくりは“アート労働”というべき作業。なのに、政府がキャラ弁を推奨するとは、「女性応援」どころか「ワーキングマザーは倒れるまでがんばって!」と言っているようなものである。

 こう言うと、「それならキャラ弁なんてつくらなきゃいいじゃん」と反応する人もいるだろう。たぶん、キャラ弁労働を強いられているお母さんの多くが「やめられるんだったらやめたい」と思っているはずだ。だが、子どもが喜ぶからという人も多いだろうし、「みんなキャラ弁なのに自分だけ普通のだといじめられる」と子どもから訴えられれば、つくらざるをえなくなる。それゆえ、一部の保育園や幼稚園ではキャラ弁禁止令を出しているところもあるわけだが、なにより母親を苦しめているのは「手をかけたお弁当をつくること=母親の愛情、仕事」という社会の価値観ではないだろうか。

 そもそも、こうした「子どもの弁当に手をかけなくては」という母親にかかるプレッシャーは、最近になって生まれたものではない。キャラ弁自体は90年代後半に登場した文化だが、キャラ弁以前から、母親たちは子ども仕様に弁当に細工を施してきた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

働く女性のキッチンライフ~手早く、うるおいのある食卓の作り方~ (だいわ文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

内閣官房キャラ弁騒動でも露呈「手が込んだお弁当=母親の愛情」という信仰にあの料理家が…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャラ主婦田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 西部邁が「総選挙で自殺を延期した」と
2 暴力、セクハラ…ブラックすぎるパチンコ店
3 安倍の「非正規を一掃」は真っ赤な嘘
4 平昌五輪出席問題で安倍が二枚舌!
5 古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
6 アンゴラ村長「顔や生まれ蔑む笑い」批判
7 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
8 山口敬之が補助金交付関与の新証言
9 安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
10 公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
11 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
12 百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
13 「不倫学」が教える防止策とは?
14 ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
15 孤立?ももクロ有安を精神分析
16 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
17 葵つかさが「松潤とは終わった」と
18 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
19 小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
20 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
1国有地疑惑の日本航空学園“極右教育”
2吉永小百合、声をあげることへの覚悟
3安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
4安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
5山口敬之が補助金交付関与の新証言
6安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
7河野太郎の「安倍の犬」化が止まらない!
8ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
9「SAPIO」反日バッシングの異常
10日立原発支援政策は“お友だち優遇”
11西部邁が「総選挙で自殺を延期した」と
12安倍自民が名護市長選で卑劣な札束攻撃
13公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
14異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
15古市憲寿が安倍との会食に失笑言い訳
16小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
17百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
18平昌五輪出席問題で安倍が二枚舌!
19松本人志が黒塗り問題で逃げと責任転嫁
20 浅田真央ブームとネトウヨ増殖の関係

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」