佳子さまはなぜ学習院を中退したのか!? セクハラ、イジメ…名門校に不祥事続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kakosama_150408.jpg
国際基督教大学にご入学された佳子内親王(YouTube「FNNnewsCH」より)


「大学のサークルはどうなるのか」「20歳になってお酒は飲んだのか」など、些細なことがニュースになるほど、日本中から注目の的となっている秋篠宮家の次女・佳子内親王。まさに「佳子さまフィーバー」といった状況のなか、「佳子さま」はこの4月、国際基督教大学(ICU)に入学した。

 学習院幼稚園に入園してから、初等科、女子中等科、女子高等科、そして大学と、学習院で学んできた佳子内親王。しかし、2014年8月に学習院大学文学部教育学科を退学し、同年10月にAO入試でICUに合格。2015年4月からICUの1年生として再びキャンパスライフを始める。

 これまで皇族といえば、学習院に通われることが当たり前だった。佳子内親王についてもそのはずだっただろうが、わざわざ大学を中退してまで、ICUに再入学という道を選ばれた。一体どうして学習院を中退したのだろうか?

「教育学科は小学校の教員資格を取るための学科です。もちろん佳子さまも教員資格を取ることは可能ですが、現実的に考えて、皇族の佳子さまが将来、教師になられることは難しい。そのため。周りのご友人たちとご自分との温度差を日に日に感じられるようになったようです」(秋篠宮家関係者)『女性セブン』2014年10月2日号より

 さらに、佳子内親王は母・紀子妃から「サークル禁止令」を出され、キャンパスライフをエンジョイすることもできず、学習院での大学生活に失望していく。そして、姉・眞子内親王の母校であり、もともと高校3年生の時に志望していたICUへの再入学を決意したというのだ。

 だが、佳子内親王だけのケースではなく、近頃は皇族の学習院離れが顕著になっている。

 たとえば高円宮家の長女・承子内親王は学習院女子大学に入学したものの、2005年に退学し、英・エディンバラ大学に入学。帰国後は早稲田大学に編入している。また、同じく高円宮家の三女・絢子内親王は学習院大学女子高等科を卒業後、城西国際大学に入学している。

 そして、佳子内親王の姉である秋篠宮家の長女・眞子内親王も、学習院女子高等科を卒業後、ICUに入学。また、佳子内親王の弟の悠仁親王は、学習院幼稚園ではなく、お茶の水女子大学附属幼稚園に入園。その後、お茶の水女子大学附属小学校に進学している。

 そもそも現在の学習院は、華族のための教育機関として明治初期に設立されたものだ。「華族」とは、江戸時代に公家や諸侯、大名だった人々に、新政府が与えた称号のこと。著述家・浅見雅男氏の『学習院』(文藝春秋)には、設立に至った理由としてこんな記述がある。

「天皇政権のもとで公家や大名だった華族が政治的な力を発揮できる余地はあまりなかったが、明治初頭の華族たちのなかには政治参加の意欲に燃えているものもいた。(中略)彼らにとって華族のための学校設立は、同族たちの存在価値を高めるためにも、早急に実現しなければならない事業だったのである」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

学習院

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

佳子さまはなぜ学習院を中退したのか!? セクハラ、イジメ…名門校に不祥事続出のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。佳子内親王学校学歴田中ヒロナ皇室の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも