川崎中1殺害事件も? 凶悪不良少年グループを生み出したものとは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kawasaki_150301.jpg
川崎市の中1殺害事件について伝える日本国内のニュース(画像はYouTube「ANNnewsCH」より)


 神奈川県川崎市の多摩川河川敷で中学1年生の上村遼太君が殺害された事件が社会を震撼させている。わずか12歳の少年が不良グループに入れられたうえに、そこから抜けられず、事件当日も深夜にLINEで呼び出された末に、全裸の惨殺死体となって発見されたのだ。

 2月27日には18歳と17歳の少年3人が殺人容疑などで逮捕され、さっそく主犯と目されている少年の素顔がさかんに報道されている。

「父親はトラックの運転手で、母親とは再婚。父親の連れ子の姉との4人暮らし」「定時制高校に通ったがほとんど通学していない」「キレると何をするか分からない」「地元でも恐れられている有名なワル」

 自分より年下の少年たちを引き連れ、暴力で支配する極悪非道な不良のリーダー。多くの報道からはそんな少年像が浮かび上がる。おそらくこれから先、彼らの凶暴性、危険性がどんどん報道されるだろう。

 だが、彼らをたんなる極悪非道と非難し、凶悪な少年が起こした特異な犯罪として裁くだけでいいのだろうか。それだけで少年犯罪の真相究明や防止に役立つのか。

『家のない少年たち 親に望まれなかった少年の容赦なきサバイバル』(鈴木大介/太田出版)は、犯罪に走る少年たちの取材を通して、犯罪の陰にある彼らの生い立ちに迫ったものだが、そこで浮かび上がってくるのは彼らの悲惨な家庭環境と孤独だった。

 なぜ、彼らは不良グループを形成し、夜間に徘徊し、そして犯罪を犯したのか。

 本書の主人公的存在である龍真は16歳で少年院に入り、その後も強盗や窃盗数々の犯罪に手を染めた少年だった。龍真には“家”がなかったという。龍真はこう話す。

「(小学校入学から)しばらく同じ男の家にいて、父親が違う妹が2歳年下でいるんですけど、よく家出してたな。家にいると『うるせー』って母親からぶん殴られるから。母親が男変えて別の家に行ったら、そいつシャブ中で、母親ももともとはシャブは打ってたから、俺ら放置でアッチの世界だから」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

家のない少年たち 親に望まれなかった少年の容赦なきサバイバル

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

川崎中1殺害事件も? 凶悪不良少年グループを生み出したものとは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。子ども川崎市中1男子生徒殺害事件林グンマ殺人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画