元AKB、元モー娘。のAV女優が大量発生?アイドルとAV女優の境界線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
idol_141020.jpg
小嶋じゅん時代の美波ねい(画像はDVD『小嶋じゅん I DOLL』より)

 「幻のモー娘。メンバーがAV出演!」

「FRIDAY」(講談社)10月10日号に掲載された「『モー娘。』第6期メンバーオーディション第1位 AV出演SEXヘアヌード!」という記事が、いまアイドルファンのあいだで波紋を呼んでいる。9月25日にソフト・オン・デマンドから発売された『AV Debut 芸能人 美波ねい』に主演しているAV女優が、モーニング娘。第6期オーディションのファン投票で見事1位に輝いた嶋田歩だと報道したのだ。

「嶋田なんてメンバー、いたっけ?」と思われた人も多いと思うが、じつは彼女、ファン投票では1位となり「ポストゴマキに決定!」とファンのあいだで評判となったものの、最終選考にも選ばれず落選。芸名を小嶋じゅんに変えてグラビアアイドルとして活動してきた。そして先月、美波ねいと芸名を改め、AV女優として再スタートをきったのだ。

 しかし、ファンに衝撃を与えたこの第一報から一転。先週発売の「FRIDAY」では再び美波ねいのグラビアが掲載されているものの、タイトルは「超国民的アイドルグループ 第6期オーディションファン投票第1位 動くヘアヌード」と、あれだけ煽っていた「モー娘。」の文字が消え失せてしまっているのだ。どうやら、モー娘。の所属事務所であるアップフロントプロモーションから抗議があったため、あえなく“幻のモー娘。”という煽り文句が使えなくなったようだ。

 たしかにモー娘。ファンのあいだでは「正式メンバーでもないのにモー娘。と言うな」という反発も強い。だが、こうした肩書きで売り出されるAV女優は、今後爆発的に増えていくだろう。

 というのも、たとえば昨年も元AKB48研究生の高松恵理が橘梨紗としてAVデビューを飾ったが、AKBグループだけでも脱退者を含めた総計は千人規模。そして、グループアイドル戦国時代のいま、女性アイドルの数は地方アイドルもカウントすれば、数万人に下らないと思われる。元アイドルという肩書きの強さを考えると、AV業界が彼女たちに目を光らせないわけがない。

 しかも、アイドルになるのとAV女優になるのは、じつは紙一重のケースも多い。原宿でアイドルとしてスカウトされたものの、その実態はAVのスカウトだった……というのは、よくある話。これと同じように、アイドルとして売り出されたものの事務所が着エロなどのキワドイ仕事ばかりを入れ、最終的にAV出演を説得されることも、じつはよくある話である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

小嶋じゅん I DOLL [DVD]

  • amazonの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

元AKB、元モー娘。のAV女優が大量発生?アイドルとAV女優の境界線のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48モーニング娘。時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画