今年も無理?空振り続く村上春樹ノーベル賞騒動に書店員が切実な思い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nobelprize_01_141008.jpg
10月9日20時(日本時間)に発表されるノーベル文学賞(ノーベル賞公式サイトより)


 村上春樹がノーベル賞文学賞の候補だといわれるようになってから、何年がたつだろう。毎回、「今年こそ選ばれるのでは」と盛り上がり、結局、空振りに終わるという繰り返し。最近はもう無理なんじゃ……という諦めムードも漂い始めたが、他に候補者もおらず、マスコミも出版社もこの前夜祭をやめるわけにはいかない。おそらく今年も何日も前から、出版社は増刷の準備に取りかかり、新聞やテレビは取材準備に走り回っているはずだ。

 そんな“春樹ノーベル賞前夜祭”だが、最近、書店員の目でこの騒ぎを綴ったおもしろい文章を見つけた。『書店不屈宣言』(筑摩書房)。40年以上にわたって書店で働き、現在はジュンク堂池袋店で副店長をつとめるベテラン書店員・田口久美子さんが同僚の書店員にインタビューしながら、書店や紙の本への愛情を綴った一冊だ。

 同書によると、書店員もノーベル賞とは無関係でいられないらしい。春樹が候補になるたびに、「村上春樹・祝ノーベル賞」コーナーを準備する。看板を作り、村上本の事前注文をする。文庫、単行本をあわせると、結構な点数になるという。同書には、村上春樹が候補になった最初の年、田口さんと文芸書担当の同僚との間でこんな会話があったことが紹介されている。

「事前に注文しましょう。ノーベル賞が取れなくても、村上さんだから、ストックで持っても、いつか売れるから」
「でももう売り尽したんじゃないでしょうか。何百万売れたか分からないほどのベストセラー作家ですよ。いくらノーベル賞でもこれ以上売れますか?」
「それが、売れるんですよ。大江(健三郎)さんの時も、すごかった、あれよあれよという間に在庫切れでしたよ。ノーベル賞は特別なの、今まで読まなかった人が読んでくれるの、読んだ人より読んでない人のほうが圧倒的に多いんだから、日本の人口を考えてみてよ。それに読んだ人も読みもらしの本を買ってくれる」

 そう。作家がノーベル賞を受賞したら、本が売れるのだ。書店員はそのチャンスを逃さないよう万全の準備をしなけばならない。「今年こそ村上さん」と噂が走るたびに新潮社や講談社、文藝春秋など大手出版社の文芸書版元に注文が殺到するらしい。

 もうひとつ、ノーベル賞騒動で書店員が巻き込まれるのがマスコミ対応だ。発表日が迫ると、テレビ局や新聞社から撮影依頼の電話がじゃんじゃんかかってくるのだという。

「コーナーつくりますか? どのくらいの規模で? 看板はつけますか? 受賞が決まったら、どんなふうに本を置きますか」

「受賞の情報はどうやって知ります?」と聞かれて「インターネット」と答えると、すかさず「調べているところを映せますか」という言葉が返ってくる。

 中には、発表前に予告編のようなものを1本つくっておきたいと申し出てくるテレビ局もあるらしい。同書には、書店員のこんな悲鳴が紹介されている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

書店不屈宣言: わたしたちはへこたれない (単行本)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

今年も無理?空振り続く村上春樹ノーベル賞騒動に書店員が切実な思いのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。文学書店村上春樹橋場コウの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
2 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
3 SMAPの寂しすぎる最後は仕方ない!
4 『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
5 安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
6 創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
7 宮崎駿も鶴瓶も安倍政権にNO!
8 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
9 ディズニーランドでキャストがパワハラ提訴
10 安倍への忖度?山口県警が安倍系建設会社の捜査握り潰し 
11 安倍が選挙妨害を依頼した男と密室謀議
12 安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
13 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
14 北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
15 『報ステ』チーフPは安倍応援団とお友達か
16 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
17 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
18 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19 翁長知事は最後まで安倍政権のいじめと闘い続けた
20 安倍が杉田水脈問題に「なんで騒いでるの」
1久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
2広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為
3山本太郎と久米宏が安倍政権、原発タブー、杉田水脈を斬る
4翁長知事は最後まで安倍政権のいじめと闘い続けた
5安倍が内調に石破茂の監視をさせていた
6安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
7松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
8ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
9安倍自民党が佐川宣寿の偽証罪告発潰し
10松尾貴史と室井佑月が語る安倍政権のメディア圧力
11安倍が杉田水脈問題に「なんで騒いでるの」
12創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
13安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
14安倍の態度には長崎の被爆者代表が激怒「毎年一緒」
15安倍首相が津川雅彦に特別扱い追悼会見
16北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
17文科省汚職は安倍の加計接待とそっくり
18 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
19障害者が戦争中の過酷な差別を告白!
20東京医大“女子減点”事件は女性差別の氷山の一角

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄