今期アニメのパンチラ事情を検証 パンツが見えるアニメあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
panchira_140730.jpg
画像は『精霊使いの剣舞』の原作公式HP(メディアファクトリー)より


 アニメファンの中には“パンツァー”と呼ばれる人たちがいるらしい。断っておくが『ガールズ&パンツァー』の“パンツァー”とはまったくの別物。アニメ作品で一瞬のパンチラシーンを目撃することに命をかけている人たちをこう呼ぶらしいのだ。

 彼等はパンツを見るためにひたすら情報を収集し、録画しながら目を皿のようにして画面を見つめ、それらしきシーンがあればいちいち再生してコマ送りで確認する。これを「零コンマ壱秒の戦い」というらしいが、しかし、実際にその戦いに勝つのはかなり困難なようだ。というのも、アニメ作品では、あんなにミニスカの女の子がたくさん出てきて、アングル的にパンチラになりそうなカットも多いのに、実際にはパンツが見えないことも多々あるからだ。

 この問題は、先日、『【朗報】西川貴教と松井玲奈のアニメとマンガとゲームばかりの番組が東京でも放送が決まった件について』(毎日放送、TOKYO MXなど)というオタク系情報番組でも取り上げられた。「絶対見えるはずのパンツがアニメで見れないことがあるのはなんで?」という読者の質問があり、専門家が回答していたのだが、結論的にはやはりテレビ局の「自主規制」が働いているらしい。

 パンチラ規制が始まったのは、1994年に放映された『BLUE SEED』からだといわれている。『BLUE SEED』はゴールデンタイムで猟奇的なシーンや触手、下着といった挑戦的な試みをして話題になったのだが、なぜかパンチラやパンツが見えているシーンには、謎の黒い影をかぶせて下半身を隠し、物議をかもした。実際、自主規制の方法はぎりぎりのところでパンツを見せないというだけでなく、多岐にわたっている。たとえば、『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』のペンギン、『ロザリオとバンパイアCAPU2』のコウモリなど、かわいい動物のアイコンで下半身を隠すパターンもあるし、『いちばんうしろの大魔王』のように、そのキャラのアイコンが「見たいですか?」と聞いていたり、『さよなら絶望先生』では、原作のアシスタントをしているおっさんの顔写真で隠すという自主規制をギャグにするパターンも見られた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

精霊使いの剣舞3 風の誓約 (MF文庫J)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

今期アニメのパンチラ事情を検証 パンツが見えるアニメあるのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。パンチラの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
3 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
4 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
8 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
9 高プロ法案の強行採決を許すな!
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
14安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?