河合隼雄も認めた!『思い出のマーニー』にうつ病治療のヒントが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
marny_140719.jpg
映画『思い出のマーニー』公式サイトより


 本日7月19日から公開されたスタジオジブリの最新作『思い出のマーニー』は、イギリスの同名児童文学が原作だ。ジブリの宮崎駿・高畑勲の両監督が参加しない、次世代のジブリ作品として注目を集めているが、ジブリの鈴木敏夫プロデューサーは映画の関連イベントに出席した際に、男女の物語を重視する宮崎監督が作品に口出ししないように、女の子同士の作品を選んだと冗談交じりに話した。しかし、なぜ今の時代に『思い出のマーニー』が選ばれたのだろうか?

 日本の心理学の功労者、故・河合隼雄氏はこの作品を傷付いたたましいの再生の物語と読み解いた。『子どもの本を読む』(岩波現代文庫)では、主人公アンナとマーニーの交流や、アンナを取り巻く人のなにげない対応が、心理学の見地からどのような効果があったのかを解説している。

 物語の主人公アンナは、母親とその再婚相手を事故で亡くし、養父母に引き取られていた。しかし、持病の喘息の発作や「何に関してもやる気のない」閉ざされた心を周囲が危惧し、養父母の古い友人で、海辺の村リトル・オーバートンに住むペグ夫妻のところに送り出す。夫妻はできる限りアンナを自由にし、彼女の過去や行動を詮索もせず、流れのままに任せている。

 河合氏はこのことを、「ペグさんたちは、今日の優秀な心理療法家がアンナにするだろうと思えるのと同様のことをした」と評価している。というのも「人間は他人のたましいを直接には癒すことができない」「われわれはたましいの方からこちらへ向かって生じてくる自然の動きを待つしかない。しかし、そのためには、その人をまるごと好きになることと、できるかぎりの自由を許すことが必要」だからだという。ペグ夫妻の“放任”によって、アンナの固く閉ざされていた心は、再生するためのやわらかさを取り戻し、他のものの侵入を受け入れる素地ができたのだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

子どもの本を読む (岩波現代文庫 〈子どもとファンタジー〉コレクション 1)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

河合隼雄も認めた!『思い出のマーニー』にうつ病治療のヒントがのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スタジオジブリ河合隼雄の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
8 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
18 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画