海老蔵のUFO目撃ブログに関係者から「ヤバすぎる」と心配の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ebizouufo_001_140711.jpg
『なぜ宇宙人は地球に来ない?』(PHP新書)

 跡取りも出来て落ち着いたのか、スキャンダルもしばらく聞こえてこなかった市川海老蔵だが、先日、ちょっと変わった話題で注目を集めた。

 その話題とは、UFO。なんと、海老蔵は自分がやっているブログで未確認飛行物体を目撃したと報告したのである。「もしかしてみちゃった?」というタイトルがつけられたそのブログには、夜空にふたつの発光物らしきモノが写り込んでいる写真が2枚アップされ、こんな文章が……。

「なんか変なの飛んでた…(中略)UFOって信じますか? 私は…まぁ 我々地球人いるから居てもおかしくないと思うけど…」

 年間6000回以上の更新をするほどブログにはまっている海老蔵としては、ちょっと悪ノリして読者サービスしたつもりだったのかもしれない。だが、彼の周囲は、これがきっかけになって、海老蔵が変な方向にエスカレートしないか、と本気で心配しているという。

 というのも、海老蔵はもともとオカルトにはまりやすい体質を持っているからだ。そのひとつが、以前、「週刊ポスト」(2013年9月13日号)や「女性セブン」(14年5月8・15日号)にも報じられた、霊感をもつゲイバーのママとの関係だ。このママ、以前は新宿2丁目でゲイバーを経営していたが、その頃から手かざしの占いが百発百中あたると噂になり、芸能人などが多数つめかけていた。

 少し前に店が渋谷にうつってからもその評判は相変わらずで、長澤まさみなども常連客のひとりらしいが、数いる芸能人客の中で、このママにもっとも心酔していたのが海老蔵。なんでも、例の西麻布殴打事件を予言されていたのを知ったのがきっかけといわれているが、一時は身につける物や服から方角まで、店主の占いなしでは生活できないほどの状態だったという。

「その後、ママへの心酔ぶりを週刊誌に書かれたり、ママの日中戦争勃発という占いがはずれたことなどから、一時の熱は冷めたようですが、海老蔵のオカルト好きは相変わらず。『霊界からの声が聞こえた』と真顔でいうこともあるらしい。それで、親しい人たちは、今回のUFO目撃がきっかけで、UFOにハマってブログで変な事を口走るようになるんじゃないか、と心配しているというわけです」(芸能週刊誌記者)

 実際、ブログの後の5月16日に「東京スポーツ」が海老蔵を直撃しているのだが、海老蔵は嬉々として「車に乗っていたら、すごい光ってて動いてる物体があったから、変だな~と思って、慌てて車を止めて撮ったんだよ」と解説したうえで、今回だけでなく「都内で何度か見たことがある」と告白。本気度が高まっているにおいをぷんぷんただよわせている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ宇宙人は地球に来ない? (PHP新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

海老蔵のUFO目撃ブログに関係者から「ヤバすぎる」と心配の声のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。UFO市川海老蔵の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画