フェイクニュース・産経が2ちゃんねるに乗って「北朝鮮の暗号解読、15日もミサイル発射」とデマ拡散

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sankei_170516.jpg
産経ニュースより


 14日の弾道ミサイル発射で、再びマスコミが北朝鮮危機を煽り始めているが、そのミサイル発射から半日経った14日夕方、産経新聞のウェブ版「産経ニュース」が、こんなタイトルの記事を配信していたことをご存知だろうか。

「北朝鮮のラジオ放送の暗号を2ちゃんねらーが解読? 「14日午前5時56分、発射予定時刻かな」が的中 「明日も発射ある?」ネット騒然」

 北朝鮮の暗号? 2ちゃんねる? 解読的中? 明日も発射?……いったい何言ってんだと思いつつ、しぶしぶクリックしてみたところ、これが予想以上のトンデモ。もはや「ポスト・トゥルース」とか「フェイクニュース」とか、そういうレベルをはるかに超えた代物だったのである。

 周知のとおり、14日早朝、北朝鮮はミサイル発射実験を行い、日本海上に落下した。産経が注目したのは、このミサイル発射から半日前、匿名ネット掲示板「2ちゃんねる」に投稿された“ある書き込み”だ。

〈13日夕の書き込みで、北朝鮮の暗号放送を翻訳ソフトで解読したとして、「14日5時56分、発射予定時間なのかな」との投稿があった。これが的中したとインターネットで話題になっているのだ。この投稿主は「15日6時3分」とも北朝鮮が放送したとしており、ネット上は騒然としている。〉
〈2ちゃんねる内でも「Jアラートより2ちゃんねらーの方が優秀」と作動しなかった全国瞬時警報システム(Jアラート)を皮肉る意見も。「暗号になっていない」「明日もあるのか」「もし明日も的中したらすごい」などと盛り上がった。〉(産経ニュースより)

 ようするに産経は、“2ちゃんねるで、14日のミサイル発射時間を事前に的中させた書き込みがあった”としたうえで、さらにその匿名の書き込みに乗っかって“15日6時3分にもミサイル発射があるかも”と示唆したわけである。

 いやいや、ヤバすぎるだろう。ものの見事に流言飛語の拡散以外のなにものでもない。まず、15日に北朝鮮が新たなミサイル発射を行なったという情報はない。「15日6時3分にミサイル発射」というのは完全なデマだったのだ。

産経のネタ元は2ちゃんねるの“ネトウヨ隔離板”だった!

 しかも、産経が「的中」と報じている14日の発射時間すら、全然「的中」ではなかった。

 そもそも、日本政府などが発表している14日のミサイル発射時間は日本時間午前5時28分。一方、2ちゃんねるの書き込みでは「14日5時56分」が「発射予定時間なのかな?」であった。念のため言っておくと、北朝鮮と日本には時差があり、日本のほうが30分早い。つまり、2ちゃんねるの書き込みが日本時間を指すとすれば現実と28分のズレがあり、あるいは北朝鮮時間ならば日本時間6時26分を意味するから約1時間もズレていたことになる。ちなみに、算数(国語?)のできないネトウヨたちは「北朝鮮は30分の時差があるのでピッタリだ」などと言っているが、ちょっと意味がわからない。

 とはいえ、コレはもう、そういうファクトチェック以前の問題だろう。だいたい、2ちゃんねるをソースに記事を書くのって、仮にもマスコミである新聞社がやっていいことなのか。

 本サイトでも念のため調べてみたが、たしかに産経が取り上げた2ちゃんねるの書き込みは、13日の17時55分に「東アジアニュース速報+板」のスレッドにあった。なお、「板」とは2ちゃんねる内のカテゴリのことである。

 だが、ちょっと待ってほしい。「東アジアニュース速報+板」といえば、韓国や北朝鮮、中国の話題をひたすら集めたうえで、ニュースとは名ばかりの偽情報と差別言辞が飛び交うネット右翼の温床。「デマだらけ」「便所の書き込み」と言われる2ちゃんねるのなかでも“肥溜め中の肥溜め”と呼ぶべきネトウヨ隔離用の板だ。

 ようするに、産経はそんなネトウヨ連中が“砂遊び”をしているようなところから得意げに「ニュースソース」を拾ってきて、ドヤ顔で「北朝鮮の暗号放送を解読」「明日もあるのか」などとほざいていた、というわけだ。まったく、どうかしているとしか思えない。

 一応、言っておくが、仮に、報道機関が2ちゃんねるから情報を得たとしても、それをきっちり取材・検証してから報じたり、批評対象として論評するならば、まだわからなくもない。だが、産経の記事は、問題の2ちゃんねるの書き込みの裏取りも検証も一切なければ、論評らしい論評も皆無。繰り返すが「ネットで話題」という体で“明日も発射があるかも”と煽っただけである。

 もっとも、産経が以前からネトウヨばりのデマを散々報じてきたことは、本サイトでもその都度取り上げてきたように重々承知だ。しかし、さすがに今回の“2ちゃん丸呑み”はヒドすぎる。というか、〈「明日も的中したらすごい」などと盛り上がっている〉のは、御社のウェブ編集チームのことじゃないのかとすら思えてくる。

積極的ウェブ展開で“ネトウヨまとめサイト”と化した産経

 いや、これは本当に笑えない話だ。産経新聞社といえば現在、「産経ニュース」をはじめとして「zakzak」や「iRONNA」など積極的なウェブ展開で知られるが、もともと他紙に先駆けて、いち早くネットでの記事無料公開を始めた。その結果もたらしたのが“ネトウヨの培養”だったのは言をまたない。もちろん、そうしたネトウヨのなかにはホームである2ちゃんねるの「東アジアニュース速報+板」の住人となった者も少なくないだろう。とすれば、今回のデマ報道の裏には、こうしたネトウヨ系の無限循環という、度し難い構造が隠れているとも言える。

 そう考えてみてもやはり、これは報道機関としてかなり危険な状態だ。つまり、産経はこの間、北朝鮮を“仮想敵”にして戦争を散々煽ってきたが、おそらく、そうやっているうちに頭に血が上りすぎて、ついに“ネトウヨ系まとめサイト”も同然になってしまったわけである。

 よもや、善良な読者は騙されまいとは思うが、ネットのあちこちにコレが転がっているとなると、さすがに間違って地雷を踏みかねない。産経ニュースはいっそわかりやすく、「産ちゃんねる」とでも改名してもらいたいものだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル マンガ・アニメ ビジネス 社会 カルチャー くらし 教養

フェイクニュース・産経が2ちゃんねるに乗って「北朝鮮の暗号解読、15日もミサイル発射」とデマ拡散のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨ産経新聞編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
2 秋元康がまた女性蔑視!町山も激怒
3 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
4 稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
5 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
6 中居ジャニーズ残留とキスマイ
7 ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
8 自民党HIPHOPポスターに怒りの声
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
11 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
12 日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
13 秋篠宮家の料理番がブラック告発
14 公取委がSMAP問題を独禁法で調査
15 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
16 室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
17 キムタク最大のタブーとは?
18 嵐の暴露本第二弾に、櫻井、松潤
19 自民党憲法調査会に巣食う世襲議員たち
20 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1 安倍訪問中止の意図を予定国大使館がRT
2 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
3 沖縄いじめの一方、AKB総選挙に国費
4 自民党HIPHOPポスターに怒りの声
5 九州北部豪雨も安倍首相は帰国せず!
6 閉会中審査で自民党が前川から返り討ち
7 支持率31%、安倍退陣を求めるデモ
8 室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
9 青山繁晴が教祖化、伝説とアート
10 室井佑月と小林節が安倍改憲案を批判
11 日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
12 坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
13 “反ヘイト”東山紀之がキャスターに
14 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
15 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
16 稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
17 稲田朋美が「普天間返還なし」
18 安倍が「男たちの悪巧み」仲間を参与に
19 山本地方創生相がお友だちの強制調査に
20 松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」