武井咲と TAKAHIROの結婚・妊娠で10億円違約金は憲法違反だ! 芸能界にはびこる人権無視の奴隷契約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

オスカーの恋愛禁止ルールによって、武井咲とEXILE TAKAHIROは別れさせられそうに

 そして「各所に謝罪行脚」などと武井の所属事務所であるオスカープロモーションがまるで被害者のように扱われているが、オスカーは被害者などではない。というのも、結婚と妊娠で違約金をとる広告代理店に負けず劣らずの人権侵害をオスカー自身も行っているからだ。

 それは、有名なオスカーにおける“恋愛禁止ルール”だ。「10代でデビューすれば25歳まで恋愛禁止。20歳以降デビューなら5年間は恋愛禁止」という恋愛禁止ルールを、オスカー所属のタレントたちは度々メディアで公言している。たとえば、同じオスカーの上戸彩は、そのルールを守るように27歳で結婚。結婚後もいくつかの主演ドラマに出演してから出産している。

 これまでの武井とTAKAHIROに関する報道を見て行くと、二人にもこの“恋愛禁止ルール”が適用されていたと思われる。

 初めて武井とTAKAHIROの熱愛が発覚したのは2015年4月、写真週刊誌「FLASH」(光文社)がスクープしたものだが、しかし双方の事務所は熱愛を全否定、しかもその際オスカー側は「本人も疑われるようなことをしたことを反省しており、今後は二度と会わないということです」というコメントまでしたほどだ。熱愛が発覚すれば無理やり別れさせる。そんな事務所の強行姿勢が垣間見せるコメントである。

 言うまでもなく、これはまぎれもない人権侵害である。

 芸能界、特にアイドルの恋愛禁止ルールについては、これまでも様々な事件があり、そのたび物議を醸してきた。13年1月、お泊まり熱愛を報じられたAKB48の峯岸みなみの“丸坊主謝罪”はあまりに有名だが、最近でも今年2月に乃木坂46の川村真洋が熱愛を報じられた際、相手男性の「恋愛禁止」発言が波紋を呼んだ。6月17日に行われたAKB48選抜総選挙の壇上で行った「結婚します」スピーチによりメンバーやOGをも巻き込んだバッシング合戦の餌食になった元NMB48須藤凜々花のケースも記憶に新しい。

 また、年内でAKB48を卒業する予定の渡辺麻友が8月28日深夜に放送された『Momm!!』(TBS)で「(10 年間恋愛禁止を守って)なんか人としての大切ななにかを失った」と発言したことも話題になっており、この類の話は挙げ始めたら本当にきりがない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

武井咲と TAKAHIROの結婚・妊娠で10億円違約金は憲法違反だ! 芸能界にはびこる人権無視の奴隷契約のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。EXILETAKAHIROオスカー武井咲編集部芸能事務所の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
2 高プロ法案の強行採決を許すな!
3 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
4 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
5 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
6 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
9 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
10 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
11 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
13 「不倫学」が教える防止策とは?
14 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
15 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
16 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
17 愛川欽也が「安倍に殺される」と
18 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
19 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
20 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4安倍の加計との面会否定が信じられない理由
5是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13星田、村本、博士がデモ批判に反論
14山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
15安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
16石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
17弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
18自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
19柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ
20高プロ法案の強行採決を許すな!
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?