松本人志が上原多香子問題で「自分に何かあったら逃げない」と宣言、ならばオリラジ中田と生討論したらどうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
matsumoto_01_140827.jpg
『ワイドナショー』番組HPより


「えー、本番、ギリギリ前ぐらいにカットしていいですかってきて。オンエアの。いやいやいや、え、なんでなんで?」
「だから、えー、フジテレビにとってマイナスなニュースもやっぱりやっていかなアカンと思うし、吉本のなんかのそういうね、不手際のニュースでもやっぱりやっていかなアカンし、もちろん自分になんかあったときは、逃げずにコメントしないといけないし」

 20日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で、松本人志が上原多香子の不倫疑惑のくだりをカットされたことを告白。こんな決意を語ったことがネットで喝采を浴びている。

 たしかに、松本の言うように、上原の不倫問題をめぐるテレビ局の姿勢はあまりに露骨だった。昨年のベッキー不倫から、最近の斉藤由貴の不倫まで、芸能人の不倫をあれだけ大々的に報じていたワイドショーが、今回、上原についてはまったくといっていいほど報道しなかったのだ。松本は『とくダネ!』はやってたのに」と言っていたが、『とくダネ!』も遺書の存在など不倫疑惑の詳細には触れず、むしろ騒動による上原の心労や活動休止を報じただけだった。

 この沈黙の理由はもちろん、上原が所属するライジングプロダクションが、芸能界のドン・周防郁雄氏率いるバーニングと関係が深く、芸能マスコミにとってタブーになっているためだ。

 本サイトは不倫を道徳的に糾弾する風潮にくみするつもりはないが、しかし、弱小事務所のタレントは犯罪者扱いする一方で、バーニングやジャニーズ事務所所属であれば、不倫はもちろん犯罪紛いの不祥事でも扱わないというテレビのワイドショーやスポーツ紙のダブルスタンダードは、あまりにもひどいと思う。

 そういう意味では、松本の指摘は至極真っ当だし、大手芸能プロに所属するタレントのスキャンダルがどのように葬られるのか、具体的なやりとりを地上波のメジャー番組で明かしたことも、意味があると言えるだろう。

 しかし、一方で、松本が大見得を切ったように、これから『ワイドナショー』が大手芸能事務所のスキャンダルに切り込み、松本や吉本にとってマイナスなニュースをきちんと取り上げるとはとても思えない。というか、今回の発言はそもそも、松本のアリバイ的ポーズにすぎないのではないか。 

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

松本人志が上原多香子問題で「自分に何かあったら逃げない」と宣言、ならばオリラジ中田と生討論したらどうかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ワイドナショー上原多香子不倫本田コッペ松本人志の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画